もし新成人が今から積立投資をしたら??

長期投資




「旅するFP」&「お金を育てる」ことに情熱を燃やす ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

☑ファイナンシャルサポーター 大場 脩 ができること!

①「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

②今、そして将来が充実するお金の流れを作る。

③退職金の賢い運用。

④保育料の節約方法。

⑤学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法。

⑥保険の見直し。(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

⑦企業、団体様向けセミナー、勉強会

基本方針や考え方は以下をご覧ください↓↓

基本方針

2019年に向けて

※ほぼ同じ事が書いてあります。

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

スポンサードサーチ

新成人の皆さん、おめでとうございます!

新成人の皆さん、おめでとうございます。僕が成人式を迎えたのは10年以上前です。久々に再会した同級生とその後良い感じになった(?)のを昨日のように覚えています(笑) あの時はお互い若かったですからねw

さて、今回は僕が取り組んでいる「お金を育てる」ということ、特に新成人(20歳)の人が積立投資をやった場合のシミュレーション、そして可能性をお伝えします。無理のない範囲で積立投資をしていけば将来に向けて有効な一手を打つことができます。

新成人の皆さんが積立投資をやったら?

もし新成人の皆さんが積立投資をやったらどうなるか-。カンタンにシミュレーションしてみます。(税金等は考慮していません)

毎月1万円を積立40年間 リターン5%


毎月1万円を積立 40年間 リターン3%


いずれの場合も元本は10000円×12ヶ月×40年間=480万円です。

今回はシミュレーションとしてリターン5%、3%とそれぞれ想定してみましたが、この通りに行くかどうかは誰にも分かりません。リスクが大きければプラスになる幅(運用収益)も大きくなる可能性がありますが、逆にマイナスになる幅(運用損失)も大きくなります。リスクに関しては人それぞれの許容度や目標、生き方や考え方もあるのでしっかりと把握しておく必要があります。(そこはいっしょに考えていきましょう!)

しかし、こんなデータもあります。(何回も出してます)

出典:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2/69.pdf

こちらの資料の13ページをご覧ください。20年前からMSCIオールカントリー(全世界分散投資)で運用した場合、平均して年率7.9%で運用できたというデータです。もちろんこれは過去のデータですからこれからもこの通りに行くかは誰にも分かりません。
しかし、このような可能性はあるのではないかと考えられます。もうお気づきかもしれませんが、お金が成長する可能性が出てくる最大の理由は「時間」です。時間を長くかけることができれば、それだけ長い期間お金を成長させることができるので、お金が育つ力を大きくすることができます。

「寝る子は育つ」

と言いますが、時間をかけていけばお金も大きく成長する可能性が生まれます。

そんな時間を多くかけられるのが新成人をはじめとした若い方です。若いって素晴らしい!それだけで可能性が広がりますから!コツコツ、小さな一歩で良いです。自分でお金を育てる、お金にも働いてもらう仕組みを作っていきましょう!

スポンサードサーチ

今は制度もしっかりしている、誰でも使える!

オオバシュー
自分でお金を育てる、お金にも働いてもらう仕組みを作りましょう!

こんなことを言っていますが、僕が新成人の時は積立投資のことなんて全く意識しませんでした。(笑)しかも、制度もそこまで整っていませんでした。(NISA制度はなかった)。それに対して、今の新成人の方は制度にも恵まれています。

オオバシュー
NISA制度(一般、つみたて)は20歳以上なら誰でも使えますし、確定拠出年金制度も条件に当てはまれば活用することができます。

自分でお金を育てる、そしてお金にも働いてもらう仕組みは既に用意されています。将来のことを考えるというのは早い感じもしますが、時間はあっという間。そんな時間を味方に付けられるのが積立投資です。

例えば毎月貯金している方は貯金の一部でも「お金に働いてもらう」ようにしてみるのもいいでしょう。ちなみにこの仕組みは誰でも、今からでも取り入れることができます。

手順

・証券会社に口座開設。(ネット証券がお勧め、スマホでできる)

・本人確認書類、マイナンバーを用意、スマホで撮影、アプリ経由で提出。

・2週間くらいで事務処理完了。

・銘柄を選んで毎月積立開始。積立資金は口座引落、もしくはクレジットカード決済で自動化。

・最低100円からできます。「投資=莫大な資金が必要」-そんな時代は終わりました。

以上です。

積立投資は現実的な最適解!?

現実的に考えると、日本で生活する以上は税金からは逃れられないです。そして社会保障の縮小や山形においては少子高齢化、人口減少に伴う経済や規模の縮小にも抗っていく、対応策を考えていく必要があります。税金に関しては節税効果や非課税効果があるものを積極的に活用していく、少子高齢化や人口減少に関しては「自分もお金も働いてもらう仕組み」を活用していくことが大切になります。

「誰でもできる」、「負担なくできる」、「ある程度融通が利く」という3点から考えると、現実的な最適解は「積立投資」、「確定拠出年金」ではないかと僕は考えています。

ファイナンシャルサポーターでは積立投資や確定拠出年金を中心に「お金を育てる仕組み」そして「お金にも働いてもらう仕組み」をいっしょに考えていきます!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!