「ゼロからのスタート」と「マイナスからのスタート」

知ってほしいこと




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

誕生日のメッセージありがとうございました!

7月24日は30歳の誕生日でした!たくさんの方からメッセージなどをいただきました、本当にありがとうございます!一気に大きなことはできませんが、これからもコツコツとやっていきたいと思います!

これからもブログの更新や個別相談等々、皆さんをサポートできるように一歩ずつやっていきます!どうぞよろしくお願い申し上げます。

頻繁に電話がかかってきます。

皆さんも心当たりがあるかもしれませんが、定期的に「不動産投資」の電話がかかってきます。

営業パーソン:「私、○○社の××と申します、オオバシュウ様の携帯電話でしょうか?」

大場:「はい」

営業パーソン:「実は私、神戸は三宮に新しくできるマンション‥、オオバ様に是非ご紹介をしたくてお電話差し上げました。運用収益が出る魅力的なお話しです、是非お話しさせてください。今は世田谷区にお住まいですよね?」

大場:「昔は住んでいました。今は山形に住んでいます」

営業パーソン:「あ‥」

という感じで電話がかかってきます。確かに10年くらい前は世田谷区に住んでいましたし、当時と電話番号は変わっていないのでかけてくるんでしょうけどね。山形に住んでいると言えばたいていの会社はトーンダウンしてきます(笑)

不動産投資の勧誘です。

営業パーソンが言いたいことを箇条書きにするとこんな感じです。

営業パーソンが言いたいこと。

・新しいマンションができる。

・ローンを組んでマンション投資をしませんか。

・節税対策もできる。

・家賃収入を得て、ローン返済を上回れば儲けになる。

ということです。重要なのは「家賃収入を得て、それがローン返済額を上回れば儲けになる」ということです。ローンを組んで、マンション投資を行い、家賃収入を得ます。数字で表すとローン返済毎月10万円で、家賃収入毎月12万円なら2万円ずつ儲かるというような話です。これだけを聞けば非常に魅力的です。
しかし、マンションですので経年劣化もするし、都度メンテナンスが必要です。空室や家賃が下がる可能性も想定されます。そう考えると実際はどうなのかな?とも考えてしまいますね。

やるやらないはその方の判断です。メリットもあるし、デメリットもあります。それを総合的に判断して決めていく必要があります。

「マイナスからのスタート」と「ゼロからのスタート」

ローンを組んで、いわゆる借金をして、それを返していくわけなので言ってしまえばそれは「マイナスからのスタート」。とも言えます。資産運用には様々方法がありますが、借金を背負ってまでやるものは「マイナスからのスタート」です。
対して、投資信託やイデコなどは運用成果は保証できませんが、残高ゼロから積み上げていくので「ゼロからのスタート」です。預貯金も同じですね。残高ゼロから積み上げていきますからね。

マイナスからのスタート、ゼロからのスタートどちらが自分に合っているか。迷っている場合は一度立ち止まってみてください。

一番のリスク回避方法

どんな資産運用にもリスクは付きものです。そのリスク(特にマイナスに振れる可能性)を回避する方法があります。

リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。
ウォーレン・バフェット

投資の神様と称される人物も自分が分からないものには投資をしなかったそうです。そう、僕たちも言われるがまま電話勧誘に乗ったり、わからないことを闇雲にやろうとしなくていいんです。自分が分かることを、淡々とやればOKです。そのためにはシンプルに考えることが大切です。

ファイナンシャルサポーターでは、お金のことをシンプルに、前向きに考えるサポートを行っております!初回は無料です、まずは一歩を気軽に踏み出して下さい!お気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!