「つみップin山形」開催報告!

つみたてNISA




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

つみップin山形開催!

つみップin山形を開催しました!20名くらいの方々が来て下さいました!最初はゼロかな‥なんて思ったりしてましたが(笑)非常に嬉しいです!既につみたてNISA、イデコを始めている方やこれから始めたい方の一つのきっかけになれれば嬉しいです!

懇親会では金融庁の方も交えてかなり深い話もできました。やっぱりNISA制度の恒久化(ずっとできるように)はみんなの願いですね!

おもしろい出会いもありました!

今回のつみップin山形には山形県内の某銀行の方々も参加して下さいました。懇親会でも銀行の方々と濃密な話をしたんですが、参加者の中には、実は僕が就職活動をしている時に採用担当をしていた方もいらっしゃいました(笑)ちなみに僕はその採用試験は落ちてるんですけどねw

それにしても山形はすごく狭いなと。でも、お互いにフィールドは違いますが、金融面から山形を良くしたいと思って仕事をしています。実はベクトルは同じ。僕一人では銀行には太刀打ちできませんが、切磋琢磨して山形を金融面から良くしていきたいと強く思いました!

伝えたいこと。

つみップin山形では「つみたてNISA」や「イデコ」を通して「お金を育てる」ことをお伝えしました。「お金を育てる」ことで大切なのは、

分散‥一点集中ではなく世界中に「分散投資」

長期‥長い目で「長期投資」

積立‥毎月コツコツと「積立投資」

継続‥「分散」、「長期」、「積立」を「継続」する。

この4つのキーワードです。この4つのキーワードを満たせるのが今回取り上げた「つみたてNISA」や「イデコ」です。

資料はこちらに掲載される予定です。

20年前から毎月1万円の積立投資を継続したら?

つみップの資料の中で「毎月1万円を世界中に分散し、積立投資を20年間継続した場合はどうなるか?」という結果が出てました。20年前とは1998年のこと、横浜ベイスターズが38年ぶりの日本一になった年です。(あの時は本当に強かった、その後は大暗黒時代がありましたが^^;)

元本は毎月1万円×12ヶ月×20年間=240万円です。

【結果】
世界中に分散投資をしたら‥、240万円の元本が566万円になりました。(結果は326万円プラス)

これは20年間という「長期」に渡り、毎月1万円を全世界へ「分散」投資、それを毎月「積立」して「継続」した結果です。率に換算すると平均で年率7.9%になります。20年間の間には、同時多発テロやリーマンショック、サブプライム問題、アベノミクス、トランプ大統領誕生など良くも悪くも様々な出来事がありました。いろいろなことがあっても、年平均7.9%でお金が育っていったことになります。

これからはどうなるかわかりませんが、過去の実績から判断すると、これからも「長期」、「積立」、「分散」、「継続」この4つをキーワードにしてお金が成長していく可能性は十分にあるのではないかと思います。また、人間の活動の原点は「欲望」です。

「あれもほしい、これもほしいもっとほしい、もっともっとほしい」

それが新たなサービスを生み出し、新たな製品を生み出し、それが世の中に広がり、お金が回っていく。そんな流れが全世界で起こっています。そう考えると、紆余曲折を繰り返しながらも経済は成長していく可能性は大いにあるのではないかなと考えています。

お金を育てる-。をもっと身近に、誰にでも。

お金を育てること-。

これはこれからの時代絶対に必要だと思います。これからの日本は人口減少が続いていくと想定されます。そう考えると、自分の資産を自分で育て、自分で守る「自助努力」がますます大切になると考えています。

例えば、身近な職場単位でから「自助努力」を促進することをできないかな?

そして、もっとハードルを低くできないかな?

お金のことを考える-。

お金のことは、実際に本当に身近なことだし、誰でも関わることだけど、意外とハードルが高いような風潮があります。しかし、実際はそんなことないです。今回のテーマである「つみたてNISA」や「イデコ」も申し込みまでが大変ですが、やってしまえばそれまでであとは長期で積立を継続して行くだけ。最初から大きな金額を投じるのではなく、実は100円からできます。それくらいハードルが低いもので、誰でもできることなんです。

もっともっとつみたてNISAやイデコを身近に、そして誰にでも-。

いっしょにお金のことを前向きに、そしてシンプルに考えていく仲間を増やしていきたいです!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!