インスタグラムで質問を受けました-外貨建保険vsイデコ

iDeCo(イデコ)




「旅するFP」&「お金を育てる」ことに情熱を燃やす ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

☑ファイナンシャルサポーター 大場 脩 ができること!

①「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

②今、そして将来が充実するお金の流れを作る。

③退職金の賢い運用。

④保育料の節約方法。

⑤学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法。

⑥保険の見直し。(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

⑦企業、団体様向けセミナー、勉強会

基本方針や考え方は以下をご覧ください↓↓

基本方針

2019年に向けて

※ほぼ同じ事が書いてあります。

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

スポンサードサーチ

インスタグラムで質問をいただきました!

インスタグラムで質問をいただきました。

確定拠出年金について教えてください。確定拠出年金で毎月5,000円ずつ運用するより、外貨建保険で運用した方が良いと思うんですけど、どうですか?
オオバシュー
どちらを選ぶかは検討する必要がありますが、僕は外貨建保険よりも個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)をお勧めします。同じ「老後資金」が目的だとしても、節税効果が大きく異なるという面が大きいです。

例)『外貨建個人年金保険』と『イデコ』の節税効果を単純計算で検証してみます。(住民税の税率一律10%、所得税の税率10%と仮定、所得税率は所得によって違います。また手数料や為替等は考慮していません)

<個人年金保険毎月2万円>(所得税部分)
保険料毎月2万円×12ヶ月=保険料年間24万円(そのうち4万円までが年末調整で申告できる)
4万円×10%=4,000円

(住民税部分)
保険料毎月2万円×12ヶ月=保険料年間24万円(そのうち2.8万円までが年末調整で申告できる)
2.8万円×10%=2,800円

4,000円+2,800円=6,800円 の節税効果。
<イデコ毎月2万円>(所得税部分)
掛け金毎月2万円×12ヶ月=掛け金年間24万円(24万円全額が年末調整で申告できる)
24万円×10%=24,000円

(住民税部分)
掛け金毎月2万円×12ヶ月=掛け金年間24万円(24万円全額が年末調整で申告できる)
24万円×10%=24,000円

24,000円+24,000円=48,000円 の節税効果。

これを30年間続けた場合は48,000円×30年間=144万円 となります。

オオバシュー
将来のためにお金を貯める-。といってもいろいろな方法があります。イデコはお金を貯めながらも、節税効果も大きい、しかも基本的に誰でも使える優れた制度です。僕はイデコをお勧めします。

今回はこんな本を読んでます。


私達が受けられる公的保障の主軸「年金制度」について。日本は年金制度をはじめとした公的保障制度がある程度充実しています。まずはそこをベースに考えていくと、今から何をしていくべきか、どう考えていくべきかがわかります。ファイナンシャルサポーターではまずは公的保障制度をベースに考えています。お金を育てるのも、保障もあくまでも公的制度の「補完」という位置づけです。

金融商品、利率など表面的な部分に目が行きますが、ベースは「公的制度」です。毎月それを受けるために安くない社会保険料を納めていますからね。運営元は国です。ちなみに、将来的な年金額はカンタンに試算できます。あくまで試算なので参考にすることになりますが、あらかじめ知っておくと今から何をしていくか、目的地を決める指針になります。

年金額の試算はこちら

スポンサードサーチ

インスタライブをやります!

インスタライブでやります。せっかく質問をいただいたのでテーマは「(個人型)確定拠出年金(iDeCo)」を中心に、ざっくり、気軽な感じにやります。

というわけで、僕のインスタアカウントを是非フォローしていただくと嬉しいです。
https://www.instagram.com/s_oba0724/

アカウント s_oba0724

1月18日(金)本日22時-23時

入退室自由です。是非遊びに来て下さい。インスタライブは軽い感じでやりますので、ビールでも飲みながらやります。お金のこともそれくらい気軽に話せれば、もっと世の中が楽しくなっていくと考えています^^

よろしくお願いします!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!