「保険でお金を貯めること」を推奨しない3つの理由。

保険でお金が貯まらない理由




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

「お金が貯まる保険を教えて下さい」

お金が貯まる保険を教えて下さい。

このような質問をいただきました。定期的に質問をいただきます。もちろん保険商品で貯蓄(お金を貯めること)は一つの選択肢です。

オオバシュー
しかし、僕は「保険でお金を貯めること」を基本的には推奨しておりません。

「保険でお金を貯めること」を推奨しない理由。

僕は保険商品を使っての資産形成、貯蓄はオススメしません。

理由を一言で言うと「融通が利かないから」です。その「融通が利かない」根拠は3つあります。

「お金を貯められる保険」といえば、最近では外国通貨建(主に米ドルや豪ドル、ニュージーランドドルなど)保険や変額保険(保険を通じて投資、資産運用ができる保険)が主流ですが、僕はいずれも基本的には推奨しておりません。

その理由は3つあります。

「保険でお金を貯めること」を推奨しない3つの理由。

・解約した場合に元本割れの可能性が高い。
→途中で修正が難しい。見直す場合も、元本割れ覚悟で解約か保障額や返戻金を小さくして払済保険にすると形になります。外貨建保険などの場合は、契約から早い段階での解約は「解約控除」というペナルティ的な控除がかかり、返戻金が少なくなるケースが多い。

・保険料の払込が契約期間中ずっと続く。
→家計に負担がかかる。例えば「お金が貯まるから」という理由で夫婦で一人あたり毎月3万円の保険料(合計で6万円)で契約したとします。お金が貯まるのでいいのですが、その支出はは家計から出ており、毎月の固定費(毎月必ず発生する支出)となります。これから転職や家族がもう一人増えたり、家を建てたり、クルマを買ったり‥今の家計が変化する可能性があります。

仮に、他の支出が大きくなったり、収入が減ったとしても、保険料支出は基本的に変わりません。

「やめたいけど解約すれば元本割れ、かといって続けると家計が苦しい‥」

こんな状況になる可能性もありますが、保険に偏ってしまうと身動きが取りづらくなります。実際に苦しいと思った時の選択肢は「解約」か「減額」(いずれも元本割れの可能性あり、覚悟をしないといけない)になる場合が多いです。

・目標金額まで行けない可能性が高い。
→特に円建の場合です。保険の利回りはかなり低いため、目標とする金額に行けない可能性が高い。

といった理由があります。

保険の場合は中途解約にすると元本割れの可能性があるので、「中途解約をしない=強制力が働き、お金が貯まる」という意味では選択肢の一つとなります。それはその方の考え方によるので、最初から「お金を貯める=保険商品」というのではなく、様々な選択肢から選ぶことができればいいのではないでしょうか。

また、どんな保険商品でも基本的に保険商品というのは融通が利かない「条件付きでお金を用意する方法」です。その条件に当てはまれば強いですが、当てはまらなければ基本的に役に立ちません。

例)がん保険は「がんに罹患した場合」に絶大な力を発揮します。その一方で、「がんに罹患しない場合」は役に立ちません。「がんに罹患した場合」という条件があってはじめて力を発揮することができます。がん保険の場合は、毎月の保険料を「がんになった時にお金を引き出せる貯金箱」に入れているとイメージしてもらうとわかりやすいです。(保険と貯金は全くの別物であり、イメージの話です)

人生万事塞翁が馬。

人生万事塞翁が馬(人生の幸不幸は予測できない=どうなるかわからない)です。人生は何が起こるか分からないです。例えば0歳のお子さんの進路なんかわかりません。文系なのか理系なのか、高卒なのか、それともアスリートになるのか、留学するのか‥、何が起こるか全く、そして誰にも分かりません。子どもだけではなく、大人も同じです。何が起こってもお金は必要ですが、どういう人生になるかは誰にも分かりません。だからこそお金は融通が利くようにしておいた方がいいと考えてます。今はお金を掛けられたとしても、それがずっと続くとは限りません。家庭環境の変化や転職もあるかもしれません。目標金額も変わるかもしれません。

そう考えると、融通が利く=いつでも現金化できる、積立金額の調整ができる、中断も再開もできる方が、様々な事情に対応できると考えています。

方法で言えば、僕は預貯金と投資(NISA制度を活用)を合わせた形がベストだと考えています。これは一例ですが、毎月3万円を貯蓄する場合は、15000円を積立貯金に、15000円を積立資へといった感じです。金額や配分はその方の状況や考え方などによって変わります。基本的にはお金を貯める目的での保険商品の利用はオススメしないです。

保険に頼らない資産形成を。

ファイナンシャルサポーターでは保険商品に頼らない資産形成を積極的にご案内しています。いろいろと経験をしてきて、この考え方、このスタンスに落ち着きました。ファイナンシャルサポーターでは、お客さまが負担するコストを徹底的に減らし、効率的にお金を育てる方法を一緒に考えていきます。そこまで踏み込めるのは、無料相談とは異なり、お客さまからあらかじめ料金をいただいているからです。

また、お金のことはシンプルに考えていくことが大切だと考えています。となると、保障と運用や貯蓄をドッキングして中身が複雑になりがちな外貨建保険や変額保険よりも、貯金は貯金、保険は保険、そして運用は運用で完全に役割分担をした方が自分でも管理しやすいですし、お金を守り、そしてお金を育てることに繋がっていくと考えています。

というわけで11月は「お金を育てる」をテーマに山形と鶴岡でセミナーを行います!たくさんの方といっしょにまなんでいければ嬉しいです!

つみたてNISA Meetup(つみップ)in山形


「資産形成」、「投資」に関心がある方でしたらどなたでもOKです!年齢や性別、投資経験などは不問です。当セミナーは金融庁主催のセミナーですので、無料セミナーでありながら、特定の金融商品を勧誘したり、バイアスがかかることは一切ございません。中立的なセミナーです。また、金融関係にお勤めの方も、有意義な機会になりますので是非ご参加下さい!

開催要項

<開催日時>
2018年11月22日(木)19:00~20:30

<場所>
山形テルサ(研修会議室B)
〒990-0828 山形県山形市双葉町1-2-3


<予定定員>
40名(先着順・参加無料)

<申込方法>
こちらからお申し込み下さい。

<プログラム>
「つみたてNISA」をはじめとする資産形成に関するトピックスについて、皆さんと一緒に学んでいきます。

※会合終了後、懇親会(一人3~4000円程度、山形駅前)を予定しています。懇親会の人数を事前に把握するためにフォームに懇親会参加の有無を記入下さい。

詳しくはこちら

「お金を育てる」マネーセミナーin鶴岡


「お金を育てる」マネーセミナー

日時:平成30年11月10日(土) 13:30~15:00

会場:まちづくりスタジオ鶴岡Dada(旧セントル)3F

住所:鶴岡市本町1-7-45
TEL:0235-33-8462

※無料駐車場があります。

      
受講料:1,000円(当日頂戴します)

持ち物:筆記用具、スマートフォン

・講座終了後個別相談ご希望の方は時間を設けます。

・当講座での金融商品等の勧誘は一切ございません。

・お子様連れで参加の方はご相談ください。

詳しくはこちら

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!