ねんきんネット

【リライト】ねんきんネットに登録してみよう!

ねんきんネットに登録を!

※リライト記事は定期的に最新版にアップデートしています。理由は大切なことであり、超基本的なところだから。ここが単純だけど一番大切だからです。

ファイナンシャルサポーターの個別相談では必ずこのサイトを使います。そして相談サービスを利用する、しない関係なしに、このサイトは登録しておいた方がイイです。このサイトに登録すれば、「将来の年金額」「公的保障の金額」(標準報酬月額という数字を基に計算します)を試算することができます。

ねんきんネット

しかし、職種によって試算できるサイトが異なります。一元化していないのが残念…。

・国家公務員の方はこちら

・地方公務員の方はこちら

私立学校関係の方はこちら

・会社員・自営業などの方はこちら

これらのサイトでは現状のまま行った場合のおおよその年金支給額を試算することができます。また、過去の納付履歴も確認できますので、モレがある場合の確認もできます。(転職等で一時的に国民年金だった、自営業をしていた、経済的事情があり納めていなかった、学生特例制度を利用していたなど)

登録方法

登録方法は年金手帳やねんきん定期便に載っている<基礎年金番号><メールアドレス>を準備して、手順に従い登録するだけです。初回登録時に今後使用するログイン用パスワードを設定します。

<基礎年金番号>は年金手帳、もしくはねんきん定期便で確認できます。

年金手帳

→職場に預けている方も少なくないかもしれません。その場合は職場に問い合わせてみてください。

ねんきん定期便

→ねんきん定期便は誕生月の10日前後に送られてきます。

※ねんきん定期便に<基礎年金番号>が載っているのは「平成28年度ねんきん定期便」のみ。今は代わりに「照会番号」が載っていて、コールセンターに電話をして、照会番号を使って基礎年金番号を確認する形式です。即日ではなく、10日後くらいに文書で基礎年金番号を知ることができます。

ねんきんネットに登録後、10日後くらいにIDが送られてくるので、IDと初回登録時に設定したパスワードを入力しログインします。パスワードを忘れる方もいらっしゃるので、パスワードは控えておいてくださいね。また、最初は「秘密の質問」が必要なので、そちらの質問事項と答えもお忘れなく。

ちなみに、基礎年金番号は「個人型確定拠出年金(イデコ、iDeCo)」をする場合にも必要になりますので、一度確認してみてください。

方程式に当てはめれば完成!

ねんきんネットを使って、受け取れるおおよその年金額、そして国などから受けられる公的保障の金額を把握することができます。ざっくりと考えてみると以下の方程式に当てはめることができます。

将来については…。(特に老後資金など)
将来もらえる年金 - 必要だろうと思われるお金 = 足りない部分 ←ここを準備することを考える。

必要な保障については…。(特に保険について)
公的保障の金額 - 万が一の時に必要な金額 = 足りない部分 ←ここを準備することを考える。

この手順で何をするか、どういう金融商品を使うかを決めていきます。最優先は商品ではありません。「今どうなっているか、そして将来どうなることが考えられるか」を知ることです。

順序よく考えると、今何をすべきか、これからどうするのかが見えてきます。もちろん、これからの人生はどんなことが起こるかわからないので、ガチガチに固めておく必要はなく、融通を利かせられるように考えていきます。商品を最優先にして闇雲にやっても意味がありません。ムダが多くなり、結果的に遠回りすることに繋がります。これから向かうべき道をクリアにしていけば意外とお金のことはシンプルに、前向きに考えることができます!

オオバシュー
オオバシュー
私達は毎月決して安くない金額を公的な年金や公的な保障のために支払いをしています。だからこそ「対価」と「効果」は知って方がいいと思いませんか!?

僕が提供しているサービスの出発点はこのねんきんネットの登録です。現在地と目的地を明らかにしてその上で効率的な手段を考えていく。手順さえしっかりすれば、そしてシンプルに考えていけばお金のことは難しくないです!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

「マイベストプロ山形」にコラム&取材記事が掲載されています!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /