新型コロナウイルス関連

特別定額給付金の使い道。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

5月末で緊急事態宣言が終わり、少しずつ日常を取り戻している感じがあります。僕が住んでいる山形県は比較的落ち着いています。1ヶ月以上新規感染者が出ておらず、お店も周りも通常通りのような感じがします。

さて、今日の話題は「アベノマネー」こと「特別定額給付金」について。

皆さんはすでに振り込まれましたか?僕のところは5月上旬に振り込まれました。そして、すでに使いました。今回は僕がどんなことに使ったかをお伝えします。少しでも参考になれば嬉しいです。

アベノマネー10万円の使い道

アベノマネー10万円の使い道は以下の通りです。

・MacBook一括支払い(約7万円)
→昨年無金利のローンを組んでいたけど、これを機に一括で返済。

・新しいiPhoneSEを購入(約5万円)
→古くなっていたスマホを一新。仕事でもプライベートでも使いますからね。下取りサービスを利用し、約15,000円が戻ってくる予定です。

合計で10万円くらいです。

皆さんは何に使いましたか??

僕の場合は極めて実用的ですねw 仕事でも使うし、プライベートでも使うし。デバイス類は生きるために必要です。仕事にも活きるところに使った方が、今後それを源泉にお金を生み出せる可能性が出てきます。

使い方は人それぞれ。

10万円の使い方は人それぞれです。何に使ってもいいです。経済を回すのいいし、貯めるのもいいし。ローンを整理するために使うのもありです。僕からは一つだけアドバイスというか、留意点をお話しします。

10万円というある意味「臨時収入」が入ったわけなので、家計を把握、見直ししてみるのもいいと思います。

・家計を見直ししてみる。
→ローン、保険、スマホが見直しの三大ポイント。心当たりがある方は一度把握してみましょう。

・残業ありきの収支の場合は収支の把握、見直しを。
→コロナウイルスの影響、新しい生活様式や働き方改革の影響で残業をしない方向に行くかも。残業代ありきで考えている場合は、予定より収入が減るかもしれません。

・ボーナスありきの収支の場合は収支の把握、見直しを。
→特にローン部分です。ボーナス返済の割合が大きい場合は、ボーナスが削減、もしくはない場合に対応が難しくなります。ローンの返済計画はボーナスに頼り過ぎない方がいいですね。特に民間にお勤めの方は、ボーナスは業績によって決まるもの、言ってしまえば水物です。

これを機に家計を見てみるのもいいのではないでしょうか?

・つみたてNISAやイデコを始めてみる。
→資産形成を始めてみる、これも一つの策です。でも、その前に収支の把握の方が重要ですね!

オオバシュー
オオバシュー
せっかくの臨時収入だからこそ、大切に使いたいですね。お金についても考えていくいい時期だと思います。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

友だち追加
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していないFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /