【メディア情報】保育料が下がるかも!?老後の資金形成のひとつ「iDeCo」の意外なメリット。

所得控除




「旅するFP」&「お金を育てる」ことに情熱を燃やす ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

☑ファイナンシャルサポーター 大場 脩 ができること!

①「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

②今、そして将来が充実するお金の流れを作る。

③退職金の賢い運用。

④保育料の節約方法。

⑤学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法。

⑥保険の見直し。(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

⑦企業、団体様向けセミナー、勉強会

基本方針や考え方は以下をご覧ください↓↓

基本方針

2019年に向けて

※ほぼ同じ事が書いてあります。

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

スポンサードサーチ

コラムが掲載されています。

最近はお知らせメインになっておりますが、今回もお知らせです。先日、取材を受けまして@DINEさんに僕の記事を掲載いただきました。

<保育料が下がるかも!?老後の資金形成のひとつ「iDeCo」の意外なメリット>ということで僕の記事が掲載されております。

僕は独身で子どももいませんが、小さなお子さんがいらっしゃる方、子育て中の方にはお役に立てる情報だと思うので是非ご覧ください!

イデコをすれば「保育料」が下がる可能性がある!

今回の記事の要点は「イデコをすれば保育料が下がる可能性が」あるということです。カンタンにまとめると以下のような感じになります。

要点

・イデコをすることで「所得控除」の効果がある。(掛金全額がその対象)

・「所得控除」の効果で「住民税」が下がる。

・「住民税」が下がれば「保育料」も下がる。

ということです。

世の中一般的な「個人年金保険」や「学資保険」、「外貨建保険」、「変額保険」といった保険商品でも「所得控除」の効果があり、住民税が下がる効果がありますが、イデコとの比較すると「所得控除」の効果が全く違うので、住民税が下がる効果も全く違います。(保険の場合は保険に掛けた掛金の一部だけが所得控除の対象、イデコは掛金全額が所得控除の対象

そういう意味では「保険商品で貯蓄をしている方」や「保険商品だけに偏っている方」は見直しのついでにイデコを取り入れると大きな効果を実感できると思います。

しかし、山形ではイデコがそこまで普及している実感はありません。間違いなくメリットがあることなので是非取り入れてみてください。

私の場合はどうなの?

オオバシュー
気になる方はカンタンに算出できますのでお問い合わせください!(無料)また、その際は源泉徴収票や確定申告書、住民税決定通知書などが必要になる場合があるのでご準備ください。

最後に、僕を見つけてくれたDIMEの石原さん、ありがとうございます!皆さんに少しでも役に立てれば嬉しいです!

スポンサードサーチ

インスタライブ

先週、諸事情により延期してしまったインスタライブですが、次回は3月27日(水)21:00-22:00にやります!

テーマは「外貨建保険と変額保険」について。

最近も相談を受けておりますが、外貨建保険と変額保険について基本的なところやメリット、デメリット、そして僕の考えをお伝えしたいと考えております!現在契約している、または勧められている方は是非参考にしていただければと思います!

インスタアカウントはこちらです↓
https://www.instagram.com/s_oba0724/

アカウント s_oba0724

インスタライブのメインテーマは、「お酒を飲みながら、おつまみをつまみながらゆるーく、気軽にお金の話をする場所」です。入退出は自由です。ビールでも飲みながら、お金のこともそれくらい気軽に話せれば、もっと世の中が楽しくなっていくと考えています^^

次回以降のテーマも引き続き募集しています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!