医療保険について。

保険の見直し




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

医療保険は必要か?

医療保険は保険業界でも競争が激化している領域で、各社毎年のように新商品を投入しています。そんな医療保険に関するコラムが掲載されていました。

いますぐ会社に確認しよう! 「高額療養費付加給付」が受け取れる人なら、医療保険料を節約できます。

入院の半分以上が10日未満、短期化時代に医療保険は必要か

医療保険は不要と断じる方もいらっしゃいますし、実際に医療保険に加入されていて給付を受けて助かったという思いをしていらっしゃる方もいらっしゃいます。

ちなみに、こんな本も出ています。

オオバシュー
必要か不要かの極論ではなく、まずはどれくらいの公的保障(国などから受けられる保障)が見込まれるのかを試算して、その上で現在の家計などを含めて総合的に考えていくことが大切です。

公的保障は僕たちが毎月支払っている社会保険料の効果というか対価です。既に結構な金額を「保険料」として支払っています。

保険を考える時の順番①公的保障で受け取れる金額を試算する。

②万が一の時に必要な金額を想定する。

「公的保障 - 万が一の時に必要な金額 = 保険でカバーする必要がある金額」に当てはめる。

実はたったこれだけです。この順序で考えていかないと、後々保障されなかったとか、保険料が高すぎて家計を圧迫するということに繋がります。

公的保障の試算については、ねんきんネットに登録の上お問い合わせフォーム または LINE@ からお気軽にお問い合わせください。手順や金額等をお伝えします。

オオバシュー
医療保険に限って言えば、基本的には医療保険は最低限でOKだと思っています。優先度はそこまで高くはないです。

保険で悩み続けるのはもったいない!

保険で悩み続けるのはもったいないです。保険はあくまで人生における守りの一部分。一回考えてしまえば、過度に見直しする必要もないですし、過度に入りすぎる必要はありません。

オオバシュー
保険で悩み続けるのはもったいないです。そんなものはさっさと解決して、前向きな悩み(自分のやりたいこと、ほしいモノ、家族のこと、将来のこと等)を増やしていきましょう!人生には保険よりも大切なことがたくさんあります!
ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!