「子どもの学資保険って、入っていた方がいいのでしょうか?」

学資保険




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

子どもの学資保険って、入っていた方がいいのでしょうか?

お盆期間中ですが、こんなLINEをいただきました。お盆期間中もLINEお問い合わせはお気軽にどうぞ!!

お久しぶりです✨聞きたいことがあるんですが、、、
子どもの学資保険って、入っていた方がいいのでしょうか?😱💦

結論から申し上げると、選ぶのはその方自身です。僕は選択肢を広げるためにこのような回答を差し上げました。選択肢は広い方がイイですからね!

メリットとデメリットを考えてみる。

まずはメリットとデメリットを考えてみます。

保険のメリット。・決まった率で、金額が受け取れる。
→いわゆる元本保証です。これが理由で保険を貯蓄として利用している方は多いです。
→円建の場合です。外貨建て保険や変額保険の場合は為替や運用状況の変動あるので元本保証とは言えません。

・保険料控除があり節税効果もある。
→節税効果はその方によります。
保険のデメリット。・「毎月決まった金額」を「決まった期間」に払い込まないと「決まった率」でお金が受けとることができない。
→融通は利きません。決まった金額をずっと支払う必要があります。

・「毎月決まった金額」は原則変更不可。途中で解約をする場合は、基本的に元本割れに繋がる。
→途中でやめるにやめられない。だから家計への負担が大きい。解約以外の方法もありますけどね。

・「決まった率」といってもそこまで高くはない‥。
→見積もりなどに書かれている返戻率を見るとよく分かります。昨今の経済状況で保険商品での貯蓄はそこまで期待できません^^; 特に円建の場合です。外貨建の場合は円建よりも良い場合が多いです。

次に目標金額、目的地を考えてみる。

今回のように「学資保険」を考える場合はお子さんの教育資金を考える場合は、「どれくらいの金額」(目標金額、目的地)を貯めたいのかが大切です。そう考えると、学資保険で目標とする金額まで到達できるのか(全部ではなく一部でも)を考える必要があります。

毎月安くない金額を出すわけですから、目標まで行けるのか、全額ではなくてもどこまで行けるのか、目標まで行けない足りない部分を何でカバーするのかを考えると学資保険でいいのかどうかが見えてきます。

これは学資保険に限らず、「お金が貯まる、貯蓄ができる」という保険商品全てに共通します。

お金のことを考える手順。①目標金額、目的地を明らかにする。
→「どんな目的で?」、「どれくらいの金額を」、「どれくらいの期間で?」、「毎月いくらくらい?」。行き先を決めないと出発できません。

②現在地を明らかにする。
→「現在の収入と支出は?」、「毎月どれくらい支出がある?」、「今やっていることは何かある?」、「どこを見直して、お金を貯める?」。現状を明らかにして出発地を決めます。出発地を決めないと、目的地には向かえません。

③方法を考える。
→「どんな方法がベスト?」、「毎月○○円を、○年間、そのために必要なリターンは?リスクは?」、「それを実現できるのは何?」。目的地と出発地が分からないことには、何をするかは見えてきません。お金の世界では商品にあたります。セールスパーソンは商品から話をしますが、ここは優先順位としては「一番最後」です!

手順さえしっかりとしていけば、課題は解決します!

保険料が高くて困っています。

保険に関する相談は非常に多いです。ほとんどの方の悩みは「毎月の保険料が高くて困っている」という方です。「毎月の保険料が高くて困る」理由は「お金が貯まる」といわれる保険が原因です。お金が貯まるからといって、その時はいっぱい入っちゃうけど、収入の変化や家庭環境は変化しても、保険料自体は変わりません。そうすると保険料を払うのがきつくなっていきます。途中でやめると元本割れ(払った総額より戻ってくる金額が小さい)状態になる場合が多いです。

保険料負担が重くならない3つのポイント。・収入と支出のバランスを考える。
→本当にこれでいいの?一度立ち止まってみてください。

・保険以外の方法も考える。
→方法はたくさんあります。保険が全てではありません。保険にしかできないこともありますが、世の中には保険ではできないことが圧倒的に多いです。

・保険以外の選択肢を提供できる人と会う。
→保険の人に聞いても選択肢は限られています。

この3つのポイントを参考にしてみてください!

選択肢は様々あります。

お金を貯めたい、育てたいと思った時は保険も一つの選択肢ですが、保険以外の選択肢も取り入れていく事が大切だと考えています。
確かに一昔前は保険でも十分にお金が貯まりました。しかし、今はそういう時代ではありません。世の中は常に変化をしているので、変化に対応できるようにお金の知識や情報をアップデートしていくことがお金を育て、自分を守ることにも繋がります。

ファイナンシャルサポーターでは保険以外の選択肢を積極的にお伝えしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!