保険のこと

保険ってやっぱり大事。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

先日こんなニュースがありました。

笠井信輔アナウンサーのブログ記事はこちらです。

がん保険の選び方。

がん保険は大事だと思います。その理由としては現代のがん治療には以下の3つの特徴があるからです。

・がんは長期に渡って治療が必要な場合がある。
→収入減少や治療費の大きな負担も想定しておく必要がある。

・通院治療が多くなっている。
→入院よりも通院が主流になっている。

・三大治療(手術・放射線・抗がん剤)が主流

がんに罹患した場合の治療費やその他費用に対する経済的な保障ががん保険です。そのがん保険を選ぶ時に必要なポイントは以下の3つです。

・通院治療が多くなっているので、通院治療への保障があること。
→昔のがん保険は通院保障よりも入院保障がメインのがん保険が多いです。昔のままだと、実際にがん治療をした時に通院メインで、がん保険に入っていたのに保険の対象にならなかった。。なんてこともあり得ます。

・三大治療に備えられること。
→三大治療とは手術、放射線、抗がん剤を指します。これらの治療に対する保障があるかないかは要確認です。

・診断給付金があるのか。
→がんと診断された場合にある程度大きな金額(診断給付金)が給付されるかどうか、そしてそれがあるのかないのか、給付回数は1回なのか、何回かあるのかは要確認です。

・先進医療特約は絶対につけた方がいい!
→先進医療を受けるか受けないかはその時にならないとわかりませんが、万が一受けることになった場合のことまで想定するとつけた方がいいです。保険料は各社若干の違いがありますがおおよそ100円前後です。がん保険、もしくは医療保険には先進医療特約はつけておいた方が、万が一の時に迷わずに先進医療を受けるという<生きるための選択肢>が広がります。

保険会社によって細かい差はありますが、大まかには以上の4つががん保険を選ぶときのポイントです。

保険、例えるなら<控えゴールキーパー>。

がん保険に限らず、保険は必要な時に使えないと意味がないです。保険は基本的に出番がないもの、むしろ出番はない方がいいです。しかし、何かあった時に必要になります。例えるならサッカーの控えゴールキーパーでしょうか。
控えゴールキーパーは基本的に出番がない(むしろ出番がない方がいい)です。出番があるということはレギュラーゴールキーパーが怪我や出場停止、退場など不測の事態が起こっているからです。保険も同じで、出番があるということは事故や病気、死亡など何かネガティブなことが起こっています。もちろん控えゴールキーパーを甘んじて受け入れている選手はいないと思いますが、控えのゴールキーパーとは基本的にそういう立ち位置です。
また、サッカー(例えばJリーグ)のベンチ登録は7人です。本来なら基本的に出番がない控えのゴールキーパーで一つのベンチ要員枠を使うのであれば、フィールドのプレイヤーを入れて攻撃や守備の選択肢を広げた方がいいはず。でもキーパーは専門職。フィールドプレイヤーにはできない仕事です。保険も万が一の時の経済的な保障をするという意味では他の金融商品にはない特徴があり、専門職になる。

Jリーグでも昔ありましたね。あるチームが控えゴールキーパーを入れずに試合に臨んだら、試合に出ていたゴールキーパーが開始1分くらいでレッドカードで退場してしまい、控えゴールキーパーのいないそのチームはゴールキーパー経験のないフィールドの選手が臨時でゴールキーパーを務め、結局大敗したということが。。。

もし、このチームが控えゴールキーパーを入れていれば、退場になっても、代わりに控えのゴールキーパーが出場して試合を壊さずに、大敗せずに済んだかもしれません。

これを保険に例えると、ある人が不要だと思って保険に入っていなかったが、病気になってしまい、収入も減少、治療費もかかってしまい、家計に大きなダメージを負ってしまったということです。この人がもし、保険に入っていれば、病気になった場合の収入源や治療費のカバーができたかもしれない。家計のダメージを減らし、生活レベルを壊さずに済んだかもれません。

オオバシュー
オオバシュー
控えゴールキーパーを3人も4人も入れるのはバランスがおかしい(保険に入りすぎ)ですが、ベンチメンバーの1人として控えゴールキーパー(保険)をベンチに入れておくのは全体のリスク管理の面では意味があることです。

保険は若くて健康な時に。

保険の加入、見直しは健康かつ若い時が有利です。健康な時は何も条件がつかずに加入できますし、若い時は保険料が安いです。同じ保障内容でも20歳の人と、50歳の人では保険料が大きく違います。

オオバシュー
オオバシュー
保険は必要だと思わない健康な時にしか入れませんし、体調を崩して必要だと思った時には入ることができません。保険って意外と天邪鬼(あまのじゃく)な金融商品です。

会社員(公務員)と自営業者では違う。

笠井アナウンサーは以前はフジテレビのアナウンサー(=会社員)でしたが、今はフリーアナウンサー(=自営業者)です。フリーアナウンサーに限らず、自営業者は国などから受けられる保障が小さいです。例えば、自営業者の方は仕事ができない時に給付される<傷病手当金>というものがありません。

笠井アナウンサーもブログに書いていますが、笠井アナウンサーはフリーアナウンサーなので、仕事ができない今の期間でも無給状態(お金が入ってこない)です。

自営業者の方は会社員や公務員の方よりも、自分で自分を守る準備がより大切になってきます。(これは僕も同じことが言えます)

保険は大事。

保険は大事です。関心がない、健康な時、不要だと思っている時にしか加入できませんし、考えられません。

オオバシュー
オオバシュー
ファイナンシャルサポーターでは保険に関するご相談もウェルカムです。保険の話ではどうしてもガツガツのセールス色が出てしまいますが、ファイナンシャルサポーターでは保険商品を取り扱っていないため、セールス色がない形でのお話ができます。

初回は無料ヒアリングでお金もかかりませんので、お気軽にどうぞ。選択肢の一つとして考えていただければ嬉しいですね!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

「マイベストプロ山形」にコラム&取材記事が掲載されています!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /