住宅ローン

山形県の皆さん、住宅情報はこちらで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

山形県の皆さん、住宅情報はこちらで!

主に山形県の在住、または移住を考えている方にお知らせです。山形県が運営しているこちらのサイトで各市町村や県で行っている助成制度やサポートが一覧になっております。

トップページ

次に支援策サーチをクリック(僕は山形市なので、山形市をクリックしてみます)

山形市の支援情報が出てきました!

行政のホームページをいちいち調べなくても、ここで情報を得ることができます。(公的機関のホームページは基本的に見にくいと思っているのは僕だけでしょうか?)

住宅ローンについてもご相談ください。

ローン関連の商品も扱っていませんので、ある意味中立的な立場でお話ができます。また、税理士さんとも提携しておりますので、税務関係のこともお気軽にお尋ねください。

一つの選択肢として僕の考えや存在を参考にしてもらうと、選択肢が広がるのではないかなと思います。

住宅ローンは将来的にも大きな支出になってくるので、あらかじめ資金計画やお金の面も考えておくと将来的にも意味があることになるはずです。具体例としては、住宅ローンを組む際は基本的に団信(住宅ローン返済中に万が一のことがあった時に、住宅ローンが弁済される保険)に入ることがほとんどなので、住宅費用(ローン部分)は保険が不要となるケースがあり、保険を見直して生命保険料を下げることができる可能性があります。


住宅ローンを組む前は家賃などの住居費も必要保障額に含めて考えていた場合は、このような感じになります。住居費(ローン部分)は団信でカバーしてくれるので、自ずと生命保険でカバーする部分(必要保障額)が小さくなります、保険でカバーする金額が小さくなると、保険にかけておくお金が少なくなります。(※一般例です)

住宅ローンの後に生命保険を考える場合も、住宅ローン部分は団信でカバーできると考えると、住宅ローン返済に関しては、一般的に生命保険でカバーする必要はないと考えられます。(場合によっては団信を利用しない場合もあるので、その場合は別途検討)

また、住宅ローンの返済を考える時に、収支を把握する必要があるので、家計の見直しにもつながるケースがありますね。

※将来の金利動向などは誰にもわかりません。上がるかもしれないし、下がるかもしれないし。ただ、今の金利水準はこれまでの金利推移から見ても、かなりの低金利水準であるというのは言えると思います。

オオバシュー
オオバシュー
いずれにせよ、住宅ローンを検討している場合はお金のことを考えてみるきっかけになります!

自分ができることをやるだけ。

終わりの見えない新型コロナウイルスの話題、僕も不満や不安はたくさんあります。特に終わりが見えないということに精神的なプレッシャーがかかりますね。個人事業だからこそなおさら。

僕は面談やブログ、情報配信を通じて、自分ができることをやるだけです。自分ができることはほんの小さいことですが、それが少しでも役に立てばいいかなと。

ぜひレスポンスをいただければと思います、すごく嬉しいですw

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

「マイベストプロ山形」にコラム&取材記事が掲載されています!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /