保険の見直し

保険の見直し=年収アップに繋がる!(リライト)

「旅するFP」&「お金を育てる」ことに情熱を燃やす ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

☑ファイナンシャルサポーター 大場 脩 ができること!

①「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

②今、そして将来が充実するお金の流れを作る。

③退職金の賢い運用。

④保育料の節約方法。

⑤学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法。

⑥保険の見直し。(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

⑦企業、団体様向けセミナー、勉強会

基本方針や考え方は以下をご覧ください↓↓

基本方針

2019年に向けて

※ほぼ同じ事が書いてあります。

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

保険の見直し=年収アップと同じ!?

ファイナンシャルサポーターでは、「支出を削減し、自分や家族の今、そして将来のためにお金を育てていく」ということをベースに考えております。支出の削減で特に効果を発揮するのが「保険の見直し」です。

保険の見直しは本当に効果が大きいです。その理由はの一つに「日本ではある程度の保障が国などから受けられる」という背景があります。「国などからある程度の保障」を受けるために、私達は毎月安くない金額を社会保険料として納めています。一般的に、会社員や公務員の方などは給料天引きで社会保険料を納めています。その金額を見てみてください‥。

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]社会保険料って決して安い金額じゃないですよね??[/voice]

この社会保険料の対価が、将来受け取る年金(老齢年金)だったり、障害状態になった場合に受け取れる年金(障害年金)になったり、死亡した時に家族が受け取れる年金(遺族年金)だったりします。また、病院に行った時に使う保険証のために使われていますし、治療に莫大な金額がかかっても上限が設けられていたり(高額療養費制度)長期で仕事ができない場合などに給料代わりにお金が受け取れたりします(傷病手当金)。

ざっと挙げただけでもこれだけの保障を受ける事ができますし、そのためにお金を支払っています。金額はもちろん人それぞれ異なりますが、保障を受けられることには変わりはありません。

となると、まず「なぜこれだけの金額を支払っているのか、これだけの金額を支払った対価はどれくらいなのか?」を知っておくことが必要です。

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]まずは毎月の社会保険料の対価を知っておきましょう。別に常に知っておく必要はありませんが、保険のことを考える時には数字だけでも把握しておくことが大切です。[/voice]

国などから受けられる保障を知っておくことで、実際に保険商品でカバーする必要がある金額を知ることができます。これがないと余計な保険に入ることになり、目先のお金を削ることになります。また、保険に関しては貯蓄もできるし、お金も殖やせるし、保障もできると万能なイメージがありますが、本質は保障であり「条件付きでお金を用意する方法」になります。条件付きと言うことは、言い換えれば「条件に当てはまらなければお金が出てこない」ということになります。

以下に当てはまる方は「保険を見直す=年収アップ」に繋がります。

・保険料が高いと感じている。(目安は一家庭2万円以上だと再考の余地ありだと考えています)
→高いと感じたらまずは立ち止まってみてください。

・貯蓄も運用も保障も全て保険商品に偏っている。
→保険商品でも貯蓄や運用ができますが、保険以外の方法もある。保険以外の選択肢も知った上で、自分に合った選択肢をとることが大切です。(僕は保険商品を使った貯蓄や運用には消極的な考えです)

・保険の話をする時に「公的保障」の話がなかった。
→この公式に当てはめることで、カバーが必要な範囲が明らかになる。そこを明らかにしないで保険に入ると、過大な保険にお金を掛けることになるので、ムダが増える。
国から受けられる保障(公的保障) - 万が一の時に必要になる金額 = 保険商品でカバーする金額

・「10年、15年更新」の保険に加入している。
→10年後、15年後に同じ内容にすれば基本的に保険料負担増になることが確定。今から先手で対策を。

60万円の年収アップができた!さらに‥。

以前いっしょに保険を見直した年間サポーターのKさんの実例です。
結論から申し上げると、Kさんの家庭環境(お子さん、ローン、年齢など)を考慮し、保険も必要なモノだけを準備したら約2万円で済みました。それまでは毎月8万円以上の保険料を支払っていましたので毎月5万円以上のお金が浮きました。これは闇雲に見直したのではなく、必要な部分を明らかにした結果、不要な保険を削減し、結果的に年収アップに繋がったということです。

同時に貯蓄目標等を再考すると保険商品だけでは難しいということになり、保険を一度見直し、再構築していくことになりました。

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]「年間では60万円以上の効果=60万円の年収アップ」とも言えます。[/voice]

ちなみに解約金はこんな感じでした。

解約金がトータルで約320万円。それだけ多くのお金を支払っていたことになります。今後はこの320万円と削減できた毎月5万円を原資に、お金を育てていきます!

例えば見直して浮いたお金を毎月5万円、積立投資をしてみましょう。(いずれも税金等は考慮していません)

毎月5万円を20年間 リターン5%と仮定


毎月5万円を20年間 リターン3%と仮定

これは保険を見直すまでは見ることができなかった可能性です。もちろんこの通りに行くかどうかはわかりません。その方によってリスクの考え方や家族構成、収入や生き方が異なるので必ずしもこの数字にはなりませんが、何もしないよりは可能性があるのではないでしょうか。

このシミュレーションはこちらのサイトでできます。金額やリターン、年数などを変えて実際にシミュレーションしてみてください。

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]もちろん闇雲にやるのではなく、リスクについてやこれからの目標金額、生き方など総合的に考えて積立投資という考え方を取り入れていくことが大切です。[/voice]

短期的ではなく長期的な視点でお金を育てていきます。また、積立投資の可能性についてはこちらのリンクをご覧ください。

数字で見てみると、Kさんの場合は、毎月8万円以上の保険料を支払っていました。これまではこの保険料負担がどれだけ保険がお金の成長を阻害していたか、どれだけお金の可能性を狭めていたかがわかります。

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]※今回はわかりやすくするためにリターンから出していますが、「リスク」(プラスにも振れる、マイナスにも振れるブレ幅)のことはしっかりと考える必要があります。[/voice]

前向きにお金のことを考える!

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/11/omoi_businessman.png” name=”” type=”l”]
「あーあ、保険料高すぎる。でも付き合いとかあるし…」[/voice]

と、後ろ向きでため息をつきながら悩むか、

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/09/mokuhyou_tassei_man.png” name=”” type=”l”]「保険を見直してスッキリ!このお金で将来に向けてお金を育てる、どこか家族旅行に行こうか!?」[/voice]

と、前向きな楽しい悩みを増やすか!

どちらがいいでしょうか?

[voice icon=”https://fp-syu.com/wp/wp-content/uploads/2018/04/22291441_1101111006686684_7053165799696637514_o.jpg” name=”オオバシュー” type=”l”]僕は前向きに今、そして将来のためにお金を使うことがイイと思っています![/voice]

僕は資産形成、お金を育てるために「保険商品」を使うことは基本的にお勧めしておりません。保険以外の選択肢を取り入れたい方、選択肢を広げていきたい方は一度現状や意向を共有し、僕の考え方やスタイルも参考にしていただくと、選択肢が広がるので、有意義な機会になると考えております!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /