「非課税」と「所得控除」の違いは?

節税




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

非課税と所得控除の違いはなんですか?

「非課税」と「所得控除」の違いって何ですか?

という質問をよくいただきます。

非課税制度とは?

オオバシュー
非課税とは、本来かかるはず(支払わないといけない)税金がかからなくなる、ゼロになるということです。

僕がよくお話をしているNISA制度は「非課税制度」です。例えば非課税制度であるNISA制度を使って100万円を投資した場合を考えてみます。その投資で100万円の利益を得ました。ちなみに、NISA制度を使わない場合、日本の税制では利益に対して20%(※)の税金が掛かります。ということは、

100万円の利益 × 20% = 20万円

この20万円が自動的に差し引かれて(※)、手元に残る利益が80万円になります。

しかし、NISA制度を使えばこの「20%の税金」がかからなくなります。ということは、

100万円の利益を100万円そのまま手元に残すことができます。

※実際の税率は20.315%ですが、わかりやすくするために20%としています。

※基本的には自動的に税金が差し引かれますが、設定によっては自ら確定申告が必要な場合があります。

所得控除とは?

オオバシュー
所得控除とは、税金の計算から対象となる金額を差し引く(控除する)ことをさします。差し引くことで、税金が安くなります。

例えば所得税なら、

①働いてお金を得る。働いたお金に関しては税金が掛かる。(所得税)

②所得税を計算するために、様々なものを差し引いて(控除して)課税所得(税金の計算のもとになる数字)を算出する。

③差し引くもの(控除するもの)が多いほど、課税所得が低くなり、納める税金が安くなる。

これが所得控除です。所得控除は、自動的に計算されているものもありますが、自分で任意に掛け金を出しているもの(例えば生命保険料やイデコの掛金など)は基本的に年末調整や確定申告で申告します。

例えば僕がよくお話ししているイデコの場合は、

毎月10000円ずつ掛け金を掛けたとします。1年間では12万円になります。その12万円を所得から差し引くことができるので、課税所得が小さくなる→納める税金が安くなるということになります。

どれぐらい税金が安くなるかはその方の所得や他の控除によって異なります。私の場合は?と気になった方はお気軽にお問い合わせください。カンタン試算しますよ!(もちろん無料)LINE@問い合わせフォーム

オオバシュー
イデコの場合は、上述した「非課税」と「所得控除」の両取りができますので是非取り入れていきましょう!また、小さいお子さんがいらっしゃる方は保育料の節約にも繋がるケースがあります!節税効果の一例はこちら

オオバシュー
非課税は税金が掛からないこと、所得控除は税金が安くなることと覚えていただければ良いです。そしてNISAは非課税、イデコは非課税と所得控除になります!

11月10日(土)に山形県鶴岡市で「お金を育てるマネーセミナー」を行います。

11月10日(土)に山形県鶴岡市で「お金を育てるマネーセミナー」を行います。初めての方でもプロ並みにお金を育てることができる方法をお伝えします。メインとなるのは「投資信託」「個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)」です。初めての方でもスッと入ってくるように基本・基礎の部分をわかりやすく、専門用語を使わずにお伝えします。

詳しくはこちら

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!