「毎月勤労統計の不正調査」の対応について。

知ってほしいこと




「旅するFP」&「お金を育てる」ことに情熱を燃やす ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

☑ファイナンシャルサポーター 大場 脩 ができること!

①「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

②今、そして将来が充実するお金の流れを作る。

③退職金の賢い運用。

④保育料の節約方法。

⑤学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法。

⑥保険の見直し。(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

⑦企業、団体様向けセミナー、勉強会

基本方針や考え方は以下をご覧ください↓↓

基本方針

2019年に向けて

※ほぼ同じ事が書いてあります。

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

スポンサードサーチ

毎月勤労統計の不正調査について。

厚生労働省が毎月勤労統計調査を誤った手法で行っていた問題がニュースになっています。このニュースを耳にした方も多いのではないでしょうか?

このニュースの要点は、

・勤労統計調査をもとに雇用保険や労災保険、遺族年金等が決まっている。

・不正な調査によって、実際に受け取るべき保険金等が少なく給付されている可能性がある。

ということです。

厚労省のずさんな対応もありましたが、今からでもカバーすることができる可能性があります。心当たりがある方は一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか??

対応策があります。

以下、厚生労働省のHPからコピペ、一部簡略化しておりますが、心当たりがある方は確認をお願いします。

追加給付の対象となる可能性がある方

(1)雇用保険関係
 ・「基本手当」、「再就職手当」、「高年齢雇用継続給付」、「育児休業給付」などの雇用保険給付を平成16年8月以降に受給された方
 ・ 雇用保険と同様又は類似の計算により給付額を決めている「政府職員失業者退職手当」(国家公務員退職手当法)、「就職促進手当」(労働施策総合推進法)

(2)労災保険関係
 ・ 「傷病(補償)年金」、「障害(補償)年金」、「遺族(補償)年金」、「休業(補償)給付」などの労災保険給付や特別支給金等を平成16年7月以降に受給された方

(3)船員保険関係
 ・ 船員保険制度の「障害年金」、「遺族年金」などの船員保険給付を平成16年8月以降に受給された方

(4)事業主向け助成金
 ・ 「雇用調整助成金」の支給決定の対象となった休業等期間の初日が平成16年8月から平成23年7月の間
  であったか、平成26年8月以降であった事業主  等

追加給付の概要

(1)追加給付の計算
 ・ 追加給付の計算は、平成31年1月11日(金)に公表を行った「再集計値」及び「給付のための推計値」を用いて行います。

(2)追加給付の一人当たり平均額、対象人数、給付額の現時点の見通し
 ・ 一人当たり平均額等の現時点の見通しは次のとおり。

【雇用保険】
一つの受給期間を通じて一人当たり平均約1,400円、延べ約1,900万人、給付費約280億円

【労災保険】
年金給付(特別支給金を含む):一人当たり平均約9万円、延べ約27万人、給付費約240億円
休業補償(休業特別支給金を含む):一人一ヶ月当たり平均約300 円、延べ約45万人、給付費約1.5億円

【船員保険】
一人当たり平均約15万円、約1万人、給付費約16億円

【事業主向け助成金】
雇用調整助成金等:対象件数延べ30万件、給付費約30億円

基本的対応方針

・基本的方針に則って追加給付を行う。

・住所データ等が残っている個人、事業主については、システム改修等の準備が整い次第、書面にてご連絡することを予定。

・データがない方については、定期的に呼びかけをし、申し出を促す。

書類の保管

今後の後の手続に役立つ可能性があるので、以下の書類がある方は、捨てずに保管しておくといいです。

【雇用保険】
受給資格者証、被保険者証

【労災保険】
支給決定通知・支払振込通知 、年金証書、変更決定通知書

【船員保険】
支給決定通知・振込通知、年金証書、改定通知書

【政府職員失業者退職手当】
失業者退職手当受給資格証等

【就職促進手当】
就職促進手当支給決定通知書など支給の事実が確認できる書類

【事業主向け助成金】
支給申請書類一式、支給決定通知書

相談窓口

平成31年1月11日(金)以降、以下のご相談窓口を設けられています。(受付時間は平日8:30~20:00)

★雇用保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-807 (※事業主向け助成金の問い合わせも含む。)

★労災保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-952-824

★船員保険追加給付問い合わせ専用ダイヤル 0120-843-547 又は 0120-830-008

※1月12日(土)~14日(月)の間もお問い合わせ可能(8:30~17:15)。
※全国どこからでも通話料無料。
※当面は相談期限は無期限。

注意事項

この件で、厚生労働省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署、全国健康保険協会又は日本年金機構から直接お電話することはないので、詐欺事件には注意が必要。

各種保険等は国民生活を守る大切なものです。以前、年金の問題などがありましたが、政府は国民生活を守るために社会保障関係はしっかりとしてほしいところです。社会保障は国民生活のベースです。

該当している可能性がある方はお問い合わせをしてみてください。僕が住んでいる山形県でも該当する方がいらっしゃると思います。まずは相談窓口にお電話を。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!