【リライト】投資をはじめる前に。-ウォーレン・バフェットの名言

長期投資




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

ウォーレン・バフェットの名言

ウォーレン・バフェットという人物を知っていますか?見た目は普通のおじさんです。ハンバーガーとコーラが好きで、普通の乗用車に乗っている普通のアメリカ人です。
しかし、実際は「投資の神様」と呼ばれるすごい人です。世界の大富豪ランキングでもトップスリーに入っています。人は見た目ではありませんね。現在もご存命です。
そんなバフェットは僕たちがお金のことを考えるときにも役に立つ名言をいくつか残しています。実際に成功している人の言葉ですので、一つの道しるべになるでしょう。

wikipedia先生より。

今回はバフェットさんの名言を僕が翻訳するカタチで紹介します。

バフェット
Rule.1: Never lose money, Rule.2 : Never forget Rule.1
オオバシュー
第一のルール、損をしないこと。第二のルール、第一のルールを決して忘れないこと。

投資=お金を成長させること。

お金を成長させるためには、損をしないことが一番大切です。それが最初のルールになります。
しかし、そのルールを逸脱し利益ばかりを追求すると、ついつい投機的(ギャンブル)な投資行動になります。市場は常に動いているので、市場に大きな波が来た時に結果的に大きな損失を負ってしまいます。
投資はギャンブル(投機)ではありません。ルールを守り続けることで、投資が投機(ギャンブル)になることを防げます。その結果、お金が成長する可能性が生まれてきます。
スポーツでも何でもそうですが、ルールは守るためにあります。ルールを逸脱すると反則になったり、退場させられます。退場になれば試合に出られません。また、試合に出ないことには活躍の機会もありません。

やはりルールを守ることは大切です。お金を成長させるためのルールは「長期・継続・積立」この3つです。

バフェット
Risk comes from not knowing what you`re doing.
オオバシュー
リスクというものはあなたが何もやっているかを理解していないときにこそやってくる。

バフェット氏は「ハイテクバブル」の時に、周りの投資家がハイテク銘柄で莫大な利益を出している中、「ハイテクについて理解できないから」という理由で1ドルも投資しませんでした。ハイテクバブルは程なくして崩壊。莫大な利益を出してきた投資家は一気に市場を去りました。当然ですが、1ドルも投資しなかったバフェットは生き残りました。
このように何も知らずに、言われるがまま「わからないもの」に投資をすることが大きなリスクです。これは数字には表れませんが大きなリスクです。

「わからないものには手を出さない」

というのは本当に大切です。

自分の投資対象を理解していますか?言われるがままになっていませんか?最初は分からなくても、少しずつまなんでいますか?

今投資をしている方はやりっ放しではなく、少しずつでいいのでまなんでいくことが大切ですね!まなぶといっても机に向かう必要もありません。まずは少しでも経済に興味を持つ、ニュースで株価が上がったか下がったかを見る、ほんの小さな一歩からで大丈夫です!

バフェット
Never ask a barber if you need a haircut.
オオバシュー
散髪が必要かどうかは床屋に聞いてはいけない。

床屋さんに「髪を切った方がイイですか?」と聞けば、間違いなく「切った方がイイ」と答えが返ってきます。床屋さんは髪を切ることで利益を上げています。
これは投資をする時にも同じことが言えます。「利害関係が絡む人」にアドバイスを求めてはいけないということです。「利害関係が絡む人」というのは、金融商品を販売している販売会社で、銀行や証券会社、郵便局などを指します。
例えば銀行などで、「どの投資信託がオススメですか?」と聞いても、答えは「できるだけ手数料が高く、収益性が高い投資信託」以外にありません。販売会社はできるだけ多くの手数料を稼ぐことが目的です。その手数料の源泉はお客さまの投資資金です。手数料(コスト)が高いということは、それだけお客さまの利益を圧迫してきます。投資対象を選ぶ場合は、やはり利害関係の絡まない第三者を交えて考えていくことが大切です。

バフェット
There seems to be some perverse human characteristic that likes to make easy things difficult.
オオバシュー
人間の本質はひねくれているのかもしれないが、簡単なことを難しくしたがる。

人間はついついカンタンなことも変に先読みしたり、難しく考えてしまいがちです。お金のことも同じです。難しいイメージがあります。
しかし、シンプルに考えることで、道筋がはっきりしてきて、理解しやすくなります。難しく考えるから難しくなる。難しいイメージを持っているから難しくなります。ごちゃごちゃにしてしまうからごちゃごちゃになります。

一度立ち止まって整理をする。お金のことはシンプルに、前向きに考える。そうすることでお金の世界もクリアになってきます!

まとめてみると‥

お金のことは難しいと思われがちですが、投資の神様であるバフェット氏が言うことを整理すると‥

バフェット氏が言っている4つのこと。・ルールを守ること。

・理解すること。

・第三者に聞くこと。

・シンプルに考えること。

この4つだけでお金の流れが間違いなく良くなりますし、お金の課題や疑問が解決してきます。実は誰でもできること。ファイナンシャルサポーターではお金のことを前向きにシンプルに考える機会を提供しています。まずは初回無料ヒアリングからお気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!