おすすめ書籍

最近読んだ<お金に関する>書籍を紹介します。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

先日、山形市は今年初?だと思いますが、積雪がありました。クルマの雪下ろしは今年初でした。今年は記録的な暖冬で、この時期まで山形県内の名だたる豪雪地帯でも積雪がほとんどありませんでした。このまま春になるのかと思いましたが、やはりそうはいきませんね。あまりにも雪がなさすぎたり、暖かすぎるのは冬らしくないので、やっぱり例年通りがいいですね。

さて、最近勉強がてら読んだお金に関する書籍を紹介します。近くの書店やAmazonなどで購入できますので、目に留まった方は是非読んでみてください!

年金についてはこちら!

受給額が増える! 書き込み式 得する年金ドリル 井戸 美枝 著

昨今の選挙の時にも年金2000万円問題は争点になりましたが、これは平均値で議論しても、闇雲に不安になっても意味がないです。なぜなら、一人一人収入も異なりますし、家族構成やお金の使い方、考え方、これまでの生き方、年齢も違います。住んでいる場所も違います。退職金の有無、金額も違います。ですので、闇雲に不安になる前に、まず試算してみましょう。そして老後のことを少し考えてみましょう。その上で不安になる(足りなくなる可能性がある)部分を明らかにして対応策を考えていく、一歩踏み出していくことが大切です。

暗闇で何も見えない中だと不安になります。でも、一筋の光が見えれば、目指すべきところ見えてきて、不安は軽減されます。その一筋の光が年金額の試算です。

こちらの書籍は数字を書き込むと年金額やその時のお金のことが見えてくるようになっています。各制度の説明や記入方法も説明されているので、読みながら制度の概要を把握することもできます。読むだけではなく、ワークシートで書き込み式になっているのでより理解を深めることができます。

資産形成はこちらを!

iDeCo&つみたてNISAで安心老後をつくろう (日経ムック)

こちらの書籍は主にiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金。以下、イデコ)とつみたてNISAの活用方法が掲載されています。具体的なファンド(投資信託)についてや、制度の概要、将来の受け取り方まで掲載されています。また、年代別、家族構成別のケーススタディも掲載されているので、ご自身の現状や家族構成なども踏まえて考える指針になります。まずはこれを読んでから実際に取り組んでみるといいでしょう。イデコとつみたてNISAの使い分けについても言及されています。
僕は色々な資産形成の手段がありますが、誰でもできる、手間をかけずにできるのがイデコとつみたてNISAだと考えています。僕も相場(株価の上がり下がり)を完璧に読めたり、チャート(株価の推移グラフ)を常に見ることができればいいのですが、なかなかそういう時間がないのが実情です。ですので、毎月積立形式でコツコツできるイデコとつみたてNISAを中心に資産形成をしています。

イデコ、つみたてNISAは、仕事や趣味で忙しい方、ご家族との時間を大切にしたい方にとっては比較的取り組みやすい資産形成方法だと考えています。

住宅ローンはこちら!

図解入門ビジネス 最新住宅ローンの基本と仕組みがよ~くわかる本[第3版] 石橋 知也 著

こちらの書籍は住宅ローンの基本と仕組みがわかりやすく書かれています。挿絵も多いので、実際にイメージしながら読み進めることができます。住宅ローンを検討している方は一度読み進めてみるといいかと思います。何も知らずに話を聞くのと、少しでも基本や情報を知っておいた状態で話を聞くのでは理解度、納得度合いが違います。

住宅ローン商品、変動金利や固定金利、期間など様々な選択基準がありますが、僕が考える住宅ローンの極意は、基本的すぎてつまらないかもしれませんが、

借りられる金額ではなく、無理なく返済できる金額を第一に考えることです。

住宅ローンは年収やその方の借入状況などで、借入ができる金額が異なります。借りることができるギリギリの金額でローンを組むのではなく、ライフプランや返済総額、そして月々の返済金額を考え、無理なく返済することがができるローンを組むことが重要です。

また、ボーナスをアテにしすぎた返済計画は危険です。ボーナスはあくまで臨時収入。業績等でボーナスは変動する場合があります。万が一ボーナスがない、減った場合にはローン返済はもとより、他の家計にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

ローンに限らずに、何かに頼り切った計画や生き方は、うまくいっている時は気にもしないんですが、うまくいかない時や想定が狂った時に、想定外のことが起こったり、計画が頓挫したり、様々なリスクを負うことになります。(自戒も込めて)

書籍も参考にして自分軸を作る!

というわけで今回ご紹介した書籍も参考にしてください。一番大切なのは知識もそうですが、自分の軸です。自分はこう考える、こういう生き方をしたいというところを大切にしてください。本を読みながら考えてもいいですし、色々な人に聞きながら考えてもいいです。例えば老後資金でも、例えばローンでも、資産形成でも、保険の見直しでも軸がしっかりしていると、余計な商品を契約したり、余計な出費をせず、ブレずに進むことができますよ!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

「マイベストプロ山形」にコラム&取材記事が掲載されています!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /