住宅ローン

地方では手厚い助成がある!?ー住宅ローン編

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

今回は住宅ローンのお話です。実は僕の実家も新築の話が出てきており、数年以内に実現する可能性があります。まだ情勢が決まったわけじゃないんですけどね。また、お客さんから住宅ローンのお話をいただくことが多いので今回は住宅ローンについてのお話を。

住宅ローンに関しても一定以上の知識や情報を持っていますが、やっぱり資格を取っておいた方がいいなということで、住宅ローンアドバイザーの資格取得に向けて改めて勉強をしています。

住宅ローン金利はかなり低い水準で推移。

さて、そんな住宅ローンですが、皆さんもご存知の通り、住宅ローンの金利は依然として非常に低い水準で推移しています。住宅ローン金利はその時の政権、金融政策も関わってきますが、現在の金融政策から考えてみると低金利水準がまだ続くかもしれません。もちろん金利がどうなるかというのは誰にもわかりません。
しかし、現在は多少の上がり下がりがあったとしても、非常に低い水準で推移しています。

【フラット35】借入金利の推移

そんな中で、これから家を新築する、住宅ローンを借りる、借り換えるなどを検討している方も少なくないと思います。そんな方々に向けて参考になれば嬉しいです。

固定金利vs変動金利

「変動金利がいいの? 固定金利がいいの?」

これはおそらく永続的な課題になると思います。どちらにもメリット、デメリットがありますし、その方の考え方や職種、資金、家族構成によっても、変動なのか、期間限定で固定してあとは変動なのか、それとも全期間で固定なのかが変わってきますし、一般的には金利が下がっている局面では変動金利の方が有利になる場合もありますし、金利が上がっている局面では固定金利の方が有利になる場合もあります。

前述したように、現在は住宅ローン金利がかなり低い水準で推移しています。それを踏まえると、これからどうなるかは全く分かりませんが、長期的には金利がますます下がる余地よりも、上がる余地の方があるのではないかなと考えることもできます。

ちなみに、今回のお話は固定金利がいい、変動金利がいいという視点よりも、こういう助成制度もあるんだー。という観点でご覧いただくといいです。

固定金利でも、変動金利と同等かそれ以下に!?

今回の年間サポーターのTさんと住宅ローンのお話をしてきました。試算をしてみると、固定金利(フラット35S)にしても変動金利と同等かそれ以下の金利になる可能性が出てきました。(一般的には固定金利の方が変動金利と比べて金利が高い)

なぜこうなるかというと、フラット35Sの金利引き下げです。今回のお客さまにはお子さんが2人いて、なおかつフラット35子育て支援型の対象自治体に居住しています。

<条件>
・家族構成:夫、妻、子2人

・山形県置賜地方のある町に在住

・団信なしフラット35S 融資率9割以下 借入金額:2,000万円 返済期間35年

この場合は、借入金利1.21%が当初5年間は0.51%になります。

(詳細)
フラット35の借入金利1.21%からフラット35S(金利Bタイプ)利用で「当初5年間年0.25%」金利引き下げになります。今回の場合は、お子さんが2人いらっしゃるので子育て支援型を併用し更に「当初5年間年0.25%」の金利引き下げになります。当初5年間は合わせて金利が1.21%から0.5%引き下げになります。

また、今回の場合は団信なし(金利引き下げ-0.2%)で、そこの部分を収入保障保険に加入してカバーをする方向で検討しています。

フラット35の借入金利(1.21%)-フラット35S金利Bタイプ(0.25%)-子育て支援型(0.25%)-団信なし(0.2%)=0.51%(当初5年間)

となります。

フラット35Sとは…。
省エネ性や耐震性など質の高い住宅を取得する場合に借入金利を一定期間引き下げる制度です。金利Aタイプと金利Bタイプがあり、Aタイプの場合は当初10年間金利が-0.25%,Bタイプの場合は金利が当初5年間-0.25%となる。Aタイプを利用する場合は、Bタイプよりも更に質の高い省エネ性や耐震性、バリアフリー性が求められる。当制度には予算があり、予算に達した場合は受付終了となる。終了となる場合は終了の約3週間前までにフラット35サイトで情報が掲載される。(金利引き下げ幅は2020年3月31日までの申込分)

※金利は2019年12月現在となります。ですので、現在とは異なります。また、フラット35に関しては融資実行時の金利が適用されるので、現在の数字はあくまで試算ということなります。

金利引き下げだけではなく、更に助成金も。

今回のTさんは山形県南部の置賜地方にある町に在住です。この町は山形県内でも特に過疎化が進んでいる地域で町としても特に若い人の移住や居住を積極的に進めているという側面があり、一定条件を満たした場合は助成金が受け取れます。

・定住の意思を持って住宅を新築または購入した場合、1世帯につき1回に限り、奨励金10万円

・町内建築業者施工の場合、さらに奨励金10万円

・<三世代同居世帯>、<子育て世帯>、<新婚世帯>のいずれかに該当する場合、奨励金10万円

・出産祝(町内に住む人が子どもを出産した場合)

第1子……祝品(商品券)3万円

第2子……祝品(商品券)5万円

第3子以降……祝金17万円

今回の場合、住宅ローンの金利引き下げにプラスして、条件を満たせば各種奨励金が合計30万円と出産祝い(2人分)で合計8万円を受け取ることになります。

助成や金利引き下げは申請しないと受けられない。

各自治体によって助成の内容は異なりますが、一般的には都市部よりも地方部のほうが助成の種類も多く、助成自体も大きい傾向にあります。山形県内でも田舎に行けば行くほど手厚い傾向があります。内容に関しては各市町村のホームページや窓口で確認してみてください。

また、フラット35の金利引き下げに関しては、お住まいの市町村が金利引き下げの対象か否かが確認できます。
【フラット35】子育て支援型・地域活性化型を連携している地方公共団体

オオバシュー
オオバシュー
いずれの助成、金利引き下げも申請しないと受けられません。

忘れずに、漏れずに申請するためには事前の下調べが重要になります。マイホームは一生に一度、そして人生で最も大きな買い物になりますので、使える制度をできる限り活用していきたいものです。

無理のない資金計画を。

住宅ローンを考える時には、理想の住まい、金利のタイプも大切ですが、一番大切なのは無理のない資金計画です。例えば、ボーナスを頼りにした資金計画はリスクが高いとも言えます。ボーナスはあくまで臨時収入であり、業績などによって、増えたり、逆に減ったりします。もし、ボーナスがゼロの場合、返済に困窮してしまい返済が滞ったり、他の資金計画やお金の悩みを誘発してしまうことになりかねません。

オオバシュー
オオバシュー
事前に無理のない返済計画、資金計画を考えておくことが大切です。借りられる金額を考えがちですが、一番大切なのは返せる金額です。

オオバシュー
オオバシュー
ファイナンシャルサポーターでは住宅ローンに関する相談も承っております。ローン商品は扱っていないので、あくまで第三者的な立場で。色々と比較検討した上での一つの選択肢という感じでお気軽に声をかけていただければと思います。実際にローンの利用を検討される場合は商品を取り扱っている専門家を紹介し、お繋ぎします。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!

「マイベストプロ山形」にコラム&取材記事が掲載されています!

ファイナンシャルサポーター
オオバシュー(大場 脩)
お金の話をシンプルに。「ゴール」への手段を共に考え、サポートするファイナンシャルプランナー。金融商品(保険、ローン、投資商品など)を販売していない本当の意味で中立的なFPです。 フォロー、お問い合わせはお気軽にどうぞ!
\ Follow me /