保険が家計を圧迫しているんですけど‥(無料ヒアリング)

保険の見直し




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

保険が家計を圧迫しています。

先日、30歳女性Sさんの無料ヒアリングを行ってきました。

保険が家計を圧迫していて、保険を見直したいんけど、どこから着手したらいいか分かりません。また、追加で提案されているものもあり、どれが必要なのかわかりません。
オオバシュー
保険が家計を圧迫しているなら早急に見直すしましょう。保険は必要な部分だけでOK、過度な保険は早急に見直してスリム化しましょう。

Sさんは学生時代にバレーボールをしていたそうなので、今回はバレーに例えて話しました。

オオバシュー
保険はバレーで言うとリベロと同じ役割なので守備しかできません。例えばお金が貯まるといって保険に頼りきるの守備専門のリベロに得点に繋がるプレーを求めるのと同じで、かなり非効率になります。

※リベロ‥バレーの守備専門の選手。アタックやサーブ(攻撃)ができない。

なるほど!

やっぱり身近なモノに例えて話すとわかりやすいですよね!

Sさんの現状はこんな感じです。

<Sさんの現状>

・県民共済(入院日額5,000円、死亡保障400万円~)
・終身医療保険(入院日額5,000円、20歳の時に加入)
・10年更新の定期終身保険(死亡保障はトータルで1,000万円超)
・個人年金保険(毎月1万円の保険料)

合計保険料:23,000円/毎月、年間では276,000円になります。これに追加で保険(毎月7,000円ほど)を提案されているようです。

また、過去に10年更新の定期付終身保険を勧めてきたセールスパーソンからは、

県民共済と終身医療保険をやめて、こっちに一本化した方がいいですよ!

と提案を受けたそうです。結局それはしませんでした。いい判断です。基本的に若い時に加入した終身の保険をやめて10年更新で保険料が高くなる商品を提案するというのはおかしな話です。

ファイナンシャルサポーターの考え

・現状を考えると1000万円超の死亡保障は不要、10年更新で保険料も上がるので早急に解約。
→必要性が皆無。家計を圧迫している元凶。

・県民共済は残す、そして終身医療保険も若い時に加入しているので、今同じ内容で加入するよりも安いから残す方向。
→若い時に加入したものは優先的に活用する。

・個人年金保険はイデコでも代用できる。
→イデコにすれば個人年金保険よりも節税効果が高いので、同じ事(老後資金)をやるならメリットは大きい。お金が育つ可能性もある。

・最終的には公的保障を把握し、それをもとに考える必要がある。
ねんきんネットに登録してください。

Sさんの場合は、家族構成、収入、年齢等、そして公的保障を含めて考えると、必要な保障額は思ったより少なくなりそうです。保険料を現在の毎月23,000円から今入っているものを活かして毎月5000~6000円まで削減できるかと思います。
必要な保障を必要なだけ確保して保険料も安くなる、浮いたお金を貯める、使う、育てる。いくらでも可能性が広がります。言い換えれば、保険が可能性を狭めているということです。

公的保障の話はありましたか?

オオバシュー
毎月社会保険料を支払っているけど、その対価というか効果、国などから受けられる社会保険(公的保障)の話ってありましたか??
そんな話ありませんでした。初めて聞きました。

はっきり言います。公的保障の話がない保険の話はありえません。お客さんが公的保障の話を知ることで、必要以上の保険が売れなくなり、セールスする上では不利になります。
しかし、公的保障のことを知らないのは、お客さんに過度な保険を勧めることになり、高い保険料負担がお客さんを不幸にする事に繋がります。保険のことを考える時は絶対に公的保障を意識してください。

公的保障 - 万が一の時に必要な金額 = 保険でカバーする金額

この考え方です。

公的保障の話がない中で契約を進めていくと、間違いなく保険ビンボーになります。既に公的な保険でカバーされているところを重複してカバーしても支出が増えるだけですからね。ムダな保険で家計を圧迫していろんな可能性を狭めているのは本当にもったいないことです。

どれくらい必要なのか、なぜ必要以上なのか‥それを知るためにはまず国などから受けられる公的保障のことを数値化する必要があります。全部知っておく必要はありませんが、保険のことを考える時は絶対に「公的保障」を意識してください。

無料ヒアリングが大切!

Sさんとは無料ヒアリングを終えましたが、今後どうするかは未定です。ファイナンシャルサポーターでは、このように無料ヒアリングでお客さんの現状、僕の考えを共有し、具体的なお話しをさせていただきます。今後どうするかはお客さん次第です。
僕はお金のことをシンプルに、前向きに考えていくことが大切だと考えています。その考え方に共感してくださったらいっしょにやっていきましょう!もちろんそうでない場合もあります。

今回は保険の話でしたが、僕はこう考えています。

オオバシュー
世の中には保険にしかできない事もあるけど、保険ではできない事の方がたくさんある。

今回のように、お金を貯めたい、保険を見直してシンプルにしたいと考えている場合は保険だけではなく、保険以外の選択肢も積極的に取り入れていきましょう!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!