投資信託を始めて1年半、運用収益は10万円を超えています。

投資信託について




ファイナンシャルサポーター 大場 脩です!週末からJリーグが開幕しました。プロ野球のオープン戦も始まりいよいよ春の到来です^^ 僕は地元のモンテディオ山形を応援しています!昨季まで応援団長的なこんな事をしていたりw

今年からは最前線ではなく、別な形で山形を応援していきます!

昨日からJリーグのシーズン開幕でしたが、山形は残念ながら大敗を喫し最下位からのスタート。悲観することはないでしょう。最下位より下がることはないのでここから上がっていくだけ。
長いシーズン、勝つ時もあれば負ける時もあります。もちろん勝敗に一喜一憂しますが、大事なのは目標を見失わないこと。これってお金のことも同じですね!目先の為替や株価は確かに気になるけど、ゴールはそこではない。目先の株価が下がっても淡々と積立投資を継続するだけです。
さて、年間サポーターのIさん(40代男性)の運用収益の途中経過を皆さんに共有しますね。

10万円の運用収益が出ています-。

現在、累計40万円を投資して、評価額が約50万円。運用収益で10万円を超えています。もちろん、株高の恩恵があります。しかし、その株高の恩恵を受けることができるのも、一歩踏み出したからです。

ちなみに、Iさんは本来NISAで全額投資をするはずですが、ちょっと設定を間違ってしまい、一部資金を課税口座で投資していたようでした^^; これから変更するようです。

Iさんはおっしゃっていました。

『投資なんて良くできるね~、怖くてできない』という周りの方が多いようです。
確かに知らないので怖いかもしれません。しかし、今は100円や1000円からできます。まずやってみて、良かったら続ければ良いし、ダメなら撤退する、まず100円でも1000円でも一歩踏み出してみるのがいいと思います。

Iさんの以下のような運用方針は、現在のところアクティブファンド一本でやっています。

・リバランスなどがめんどくさい。

・日本の会社を応援したい。

アクティブファンド一本でやる、様々なファンドを組み合わせてやる、やり方はいろいろです。一緒に相談して決めました。投資が全てではないですが、投資も一つの選択肢です。何か目的地や目標を決めた時に、お金のことは必ず考えるはず。その目的地、目標金額を明確にし、現在の状況(現在地)や今やっていることを考慮して、方法を当てはめていく。Iさんの場合はそれが投資信託だったわけです。ちなみにIさんがやったことは‥。

Iさんがやったこと

①申込書を書いて、毎月の積立金額を決める。

②口座振替で毎月自動積立

以上です。

何が言いたいかというと、投資ってそこまでハードルが高くないと言うこと。100円とか1000円からもできますし、本当にカンタンです。誰でもできます。

また、投資信託の選び方は様々です。アクティブファンドはコストである信託報酬が高めに設定してあるケースがあるのでコストが運用効率を下げる可能性もあります。

商品ありきで決めると絶対に失敗します。商品も大切ですが、一番大切なのはこれからどんな目標で、どんなことをやっていきたいかという行き先、目的地です。まずは現在地(今何をやっているか、どれくらい貯まっているか)を明らかにして、目的地へ何で行くかを決めていきましょう。

商品ありきで決めると絶対に失敗します。まずは行き先を決めましょう!

※ファイナンシャルサポーターでは特定のファンドを推奨するわけではありません。あくまで自分がやってみたり、お客さんといっしょにファンドを選んでいった結果です。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!