スポーツが好きな方は投資に向いている。

長期投資




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

投資をオススメしています。

僕は「投資」をオススメしています。投資にもいろいろな手法がありますが、僕は「誰でもカンタンに」、「日常生活に負担なく」お金を育てることができるのは「投資信託」、「iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)」だと考えています。その理由は、「口座振替」でカンタンに投資ができる、銘柄を選んであげれば、あとは自動で様々な投資対象や国・地域に分散投資ができるからです。投資というと、上がるか下がるか、コンマ何秒の勝負みたいなイメージがあり、実際にそういう手法もありますが、投資信託やイデコはそれとは一線を画したむしろ長期戦でじっくりとお金を育てていくやり方になります。イメージしていただくのは「家庭菜園」ですかね。しかも、100円や1000円からできますからね、これは誰でもできます。

スポーツ好きな方は投資が向いている。

さて、「投資」はスポーツに例えるとわかりやすいです。例えば、サッカーに例えると非常にわかりやすいです。投資はサッカーで言うと、FWをはじめとした前線の選手、得点をとったり、得点に絡む選手です。逆に預貯金や保険商品は得点をとるよりも、後ろで守備に徹するDF(ディフェンダー)やGK(ゴールキーパー)的な選手です。

FW=投資

得点というのは運用収益のこと。運用収益があることで、お金を育てることができ、その結果自分の目標金額に到達しやりたいことができるようになります。もちろん、毎回FWの調子が良いわけではありませんので、得点を量産する時期もあれば、パフォーマンスが落ちる時期もあります。いきなり合流初日から結果を出すのが難しいように、投資の世界もある程度の時間をかけてやっていくことで運用収益が期待できるようになります。

また、FWだけで試合に臨むと、さすがに守備がモロくなります。ですので、どういうフォーメーションで、どういうタイプのFWを使うのかを最初に決めていく必要があります。

DF、GK=預貯金、保険商品

特に保険商品の最大の武器は「万が一の事があった場合にお金が下りること」です。シュートを打たれた時にセーブするGKと同じです。
預貯金や保険商品の良いところは、決まった条件を満たせば元本保証になります。元本保証はサッカーで言うと無失点。無失点は喜ばしいことですが、得点をあげなければ勝利を手にすることはできません。理想的なのは「無失点かつ得点をあげて勝利する」ことです。
「元本保証」にこだわることで、無失点にはなりますが、反面無得点にもなります。

預貯金や保険商品が中心の資産構成、お金の振り分けになっている場合は、「FWなしで試合をしている」ということです。得点(運用収益)がとれません。実際に預貯金の利回り、保険の利回りはかなり低いです。利率や利回りが低いと言うことは「得点力」が低いと言うことになります。

お金の話はフォーメーションや選手起用と同じ。

サッカーの試合の主役はあくまで選手です。FPの仕事の主役はお客さんです。僕ではありません。サッカー選手にもいろいろなタイプの選手がいるように、一口に投資と言っても、いろいろなタイプの投資商品やスタイルがあります。僕はあくまで、身近なお金という面でどういうフォーメーションでやっていくか、戦術はどうするか、どういう目標を決めて闘うかをいっしょに決めていく監督やコーチに近いイメージです。

スポーツが好きな方は、「俺はこういうフォーメーションでこういう選手を起用する」といった戦術論や選手起用論が大好きなはずです。実はお金のことはその延長線上にあります。難しく考えるからわからなくなるだけで、どういう選手をどういうフォーメーションで起用するかをシンプルに考えてあげれば誰でも資産形成ができます!

ぜひいっしょに考えていきましょう!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!