相続に精通した税理士さんを紹介します。

税理士




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

相続に関する相談を受けました。

年間サポーターのSさんから

このような相談を受けました。僕はここで考えました。

「自分でできる範囲で一般的な話をしてもいい」

「でも、相続税などの話が深くなれば対応ができなくなる」

「それなら税理士さんを紹介しよう!」

というわけで、税理士さん同席の元、相続のお話しをすることにしました。

実は、こんな決まりがあります。これはFP試験の過去問からです。この問題自体はボーナス問題で絶対に間違うことはないんですけど、大事なことなので。

税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から税務に関する相談を受けたときは、一般的・抽象的な説明を行うにとどめ、個別・具体的な税額計算などは税理士に委ねている。
1 . 正しい 2 . 正しくない

出典元:過去問ドットコム

この場合は「1の正しい」が答えです。僕は税理士資格がないので、税務関係の相談は受け付けられません。税務の詳しい話は税理士さんを紹介、または交えてお話をししています。

相続に精通した税理士さんを紹介します。


僕が紹介する税理士さんは鈴乃木会計事務所です。鈴木先生とは何だかんだ15年くらいの関係です。

「意外と相続税はかかる」って言うけどどれくらい?

Sさんもそのような疑問あったので相談をしてくださいました。昨日は相続にかかる現状(相続人の数など)、土地やその他財産、預貯金の額をざっくりお聞きして実際にどうなることが想定されるか、どんな準備が必要かをお伝えしました。
Sさんも仰っていましたが、「どこに相談していいかわからない」という面もあります。まずは一度相談していただけると、その疑問を解決します。また、税理士相談は無料です。報酬は実際に案件に着手した際に発生します。税理士さんに相談される際は「ファイナンシャルサポーター 大場 脩 から」と一言掛けていただくとスムーズです。
相続の案件に一般例はありません。それぞれ財産の額、土地の評価額、相続人の数など取り巻く現状が異なります。これはFP業務でも言えますが、やはりお客さまとお会いしてお話しをすることに意味があります。

ファイナンシャルサポーターでは総合的な「金融」という面で皆様のお役に立ちたいと考えております!まずはお気軽にお問い合わせください僕の得意分野は家計、資産形成、保険の見直し‥、身近なお金のことが中心です。お金のことを総合的に考えて、お客さまも僕もそして地域もwin-win-winになる関係を築くことです。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です