失点(支出)を減らせば、お金は貯まる。-サッカーと身近なお金の意外な関係。

お金の整理




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

モンテディオの試合に行ってきました!

昨日はモンテディオ山形vs横浜FCの試合を観戦してきました。前半15分頃までに山形は3失点を喫して試合がほぼ決まってしまった‥。後半攻勢に出て、2点を返すのもタイムアップ。山形は負けてしまいました。今年の山形は失点が多いなという印象です。5試合終了して8得点はリーグ上位、しかし、11失点はリーグで下から2番目です。1試合平均で2失点以上をしている計算になります。主力となるはずの選手がケガなどで出遅れ、活躍した選手もケガで離脱といった苦しい状況が続きますが、ウラを返せば今出ている選手にとってはチャンスであり、アピールをする絶好の機会です。

「俺がやってやる!」

その気概を結果で見せてほしいですね!楽しみにしています!

PS ちなみに僕は昨シーズンまではサッカーの試合でもいろいろとやっておりました^^ こんなことをやっていたりw

固定費を減らせば、手元のお金は増える。

サッカーの試合は得点をとることが重要ですが、同時に失点を防いでいく必要があります。これは身近なお金のことでも同じことが言えます。

失点=支出

山形を例に挙げれば、得点をいくらとっても、それ以上に失点をしているので、思うように順位が上がりませんし、勝ち星に恵まれません。身近なお金のことに当てはめれば、いくら得点(収入、運用収益)をとっても、それ以上に失点(支出)が多いと、お金は貯まりません。
逆に、失点(支出)を減らせば、勝ち点が増え、順位も上がります。(手元に残るお金は増えます)まずは失点(支出)を減らしましょう。支出の削減で効果が最も高いのは固定費の削減です。

食費の削減、お小遣いの削減の前に固定費の削減です。

固定費とは?

・通信費
→家にwi-fi環境を作る、格安スマホでグッと下がります。

・ローン、家賃
→特にローンは見直すことで大きな差が出てくる可能性があります。

・保険
→ここが一番効果大。付き合いなどで聖域化している方はその聖域を壊しましょう。毎月数万円の効果も珍しくないです。

「節税効果」は絶対確実。

先日のエントリーで、運用も大事と言いましたが、はっきり言うと、運用成果は「水物」です。

長期で考えれば、十分に運用成果も期待できると考えていますが、サッカー選手が毎試合点をとることができないのと同じように、毎日良いパフォーマンスができるとは限りません。
しかし、節税効果は絶対に確実です。サッカーで言えば、絶対に得点をとってくれるエースストライカーです。その中で節税効果が高いのは「全額所得控除」の対象になっているモノです。身近なところ、誰でも使えるもので言えば、「iDeCo(イデコ)」、「国民年金保険料」が挙げられます。

→小さなお子さんがいらっしゃる方は保育料の削減効果も期待できます。

→「学生延納」をしている方、していた方(またはその家族)は必見。

→やってみれば効果が絶対に得られる!

やるか、やらないかはその人次第。やった人は絶対に効果がある。

「固定費の削減と節税効果」は誰でも確実な成果が約束されています。

しかし、実際に成果を得られる方は限られています。知識と情報を得ることは誰でもできます。知識として頭に入れておくことは誰でもできます。そこから実際に行動に移す人はかなり少ないです。行動に移せば絶対に結果が出るのに、行動に出る人は少ないです。やるやらないはその人次第です。

僕はこういった有益な情報を提供し、身近なところからお金の流れを良くしていきたいと考えています。そうしていけば、お金も周り、微力ながらも世の中を良い方向に持っていくことができるのではないかと考えています!そんな流れをいっしょにつくっていきましょう!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!