「終活カフェ」に行ってきました。

知ってほしいこと




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

終活カフェに行ってきました!

昨日は「終活カフェ」に行きました。部長さんが対応してくださり、いろいろとお話を伺いました。


(和の装いです)



(終活と言ってもジャンルは様々、多岐に渡ります)


特製ホットケーキとコーヒー。現在オープン記念で600円!ボリューム満点です^^

終活カフェ Cafe’ SHI:KI
〒990-0832 山形県山形市城西町5丁目35-1
詳しくはこちら。

「終活=死」とは限らない。

正直言うと自分にとって「終活」といわれてもピンと来なかった(ほとんどの方がそうかもしれません)んですが、今日色々とお話を伺ってみて、自分なりに「終活」というものを考えてみました。まず「終活=死」とは限らないと思います。そもそも人間は遅かれ早かれ絶対に「死」を迎えます。いつ死を迎えるか、どういう死を迎えるかはわかりません。


死生観は人それぞれです。それぞれで違うので、そういうのを話し合うのは興味深いです。僕はディベートが好きなんですね、おそらく。

僕は終活というのは若いとか年をとっているというのは関係なく、既に始まっているのだと思います。終活には相続をどうする、税金はどうだ、保険はどうだという話ももちろん大事ですが、それだけではありません。

いつかは死ぬわけだから、どうやって生きている時間を過ごすか。やりたいこと、やらなければならないこと、家族のこと、仕事のこと、その他諸々‥。

終活=「いかに生きるか」ということ。

「自分の人生を精一杯生きる」、「自分が納得する人生を生きる」この2つ、もっとシンプルに言うと終活とは「いかに生きるか」ということなんじゃないないかなと思います。

人生は1回しかないですからね。僕は、終活とは一般的な「死」というイメージとは相反する「生きる」ということそのものだと思います。

「死」や「生」については話すに話せないという方が多いと思います。別に気軽に話すことはなくても、必ず訪れることなのでその方のタイミングで考える機会があっていいのではないかと思います。終活カフェは終活アドバイザーの方もいらっしゃるので気軽にお話しをする事ができます。

僕はファイナンシャルプランナー(FP)として、身近なお金について関わる仕事をしています。お金のことも同じで話すに話せない方がいらっしゃいます。僕はその方が「お話ししてみよう」と思えるような環境を創る、情報を配信し続けること、継続し続けることが大切だと考えています。

終活のこと、生きるということ。

皆さんはどう思いますか?

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!