生命保険・損害保険のセールスパーソン向けの勉強会を開催します。

セミナーのこと。




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!今回は主に「金融業界」特に「保険業界」の方に向けたご案内です。
4月に初の試みとして、「保険セールスパーソン向け」のセミナー、勉強会を開催します。今までは「対お客さま」としてお金の考え方や知識、情報を提供してきましたが、それと並行して、もう一つの柱として「対セールスパーソン」へのお金の考え方や知識、情報を提供していこうと考えています。セールスパーソンのスキルアップはお客さまの利益になり、地域の利益になり、最終的にセールスパーソンにも還元されます。

保険セールスパーソン向け勉強会

対象

生損保代理店勤務、経営、生損保会社、金融機関勤務の方。営業経験ゼロの方もOKですが、できれば2~3年くらい、またはそれ以上のキャリアを積んでいる方だと内容がスッと入ってくると思います。

日時・会場

4月7日(土)10:00~12:00 オンライン(スカイプ)
4月8日(日)10:00~12:00 山形県総合運動公園P2会議室(天童市山王1-1)

いずれの日も内容は同じです。オンラインの場合は、前日に資料をPDF化してメールに添付して送ります。印刷してお使い下さい。会議室の場合はこちらで印刷してお渡しします。

定員

両日各10名。

講師

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

勉強会の内容

・公的保障カンタン算出
→主に「高額療養費」、「傷病手当金」、「遺族年金」についてまなびます。保険提案の根拠はこれらの「公的保障」がカギになります。

公的保障 - 万が一の時に必要な金額 = 保険でカバーする金額

今まで「なんとなく」だった数字がこれで具体化します。基本的にお客さまはここまで知りません。必要な保障を必要なだけ満たすとムダな保険に入らずに済みます。お客さんはこれで本当の意味で安心しますし、保険に入っている明確な根拠ができます。そうすると提案にも自信が持てますし、お客さまにとっても真の意味でお役に立てます、また明確な根拠があるので解約リスクの低減にも繋がります。

・節税メリット
→生命保険料控除とその他の所得控除を比較してみます。カンタンな税務知識を持っておくと、お客さまに有益な情報を提案できます。
→主な全額所得控除として「国民年金保険料」と「個人型確定拠出年金(イデコ)の掛金」があります。これらを応用して、お客さまの所得税を下げる方法、小さいお子さんがいらっしゃる方については、「保育料」を節約する方法をお伝えします。これらはお客さまだけではなく、皆さんも実践できることです。お客さまも自分もメリットがあることです。

・お金を育てる知識
→資産運用をする場合、外貨建保険、変額保険といった「保険」という手段も良いですが、資産運用には他のやり方もあります。
→あえてセールスパーソンが「保険以外の知識、情報」をお伝えすれば、お客さまにとっては「こんなことまで教えてくれるの!」とギャップと驚きが生まれます。保険以外の知識と情報を知っていることは、お客さまにとって選択肢を広げることに繋がるし、自分にとっても役に立ちます。主に投資信託についてまなびます。

・今の経済情勢、環境
→なぜ円建保険でお金が増えないのか、インフレ?増税?マイナス金利?その理由をお伝えします。
→保険を取り巻く環境を知っておくと、お客さまの質問にも的確に回答することができます。

いずれについても、できるだけ専門用語を使わずに、身近なものに置き換えてお伝えします。また、時間も限られているので効率的にお伝えします。これらの知識はセールスの場面はもちろん、ご自身でも即日導入できることばかりです。

勉強会参加費

2000円(税込)
※まずはお試しですのでこの価格でやります。2回目以降も開催予定ですが、その際は同じ価格では絶対にやりません。
参加費は振り込みにてお願いいたします。

申込方法

申し込みフォームからお申し込み下さい。

後日メールにて会場詳細と参加費の振込先をお知らせします。振込先はゆうちょ銀行です。ゆうちょ銀行間の振込は手数料無料ですが、ゆうちょ銀行以外からの振込の場合は振込手数料が掛かります。振込手数料はご負担願います。締め切りは4月6日(金)23:59です。

備考

当勉強会は「セールススキル向上セミナー」ではありません。セールススキルやクロージング、顧客との応対方法は各社研修や書籍でまなんでください。セールスキル向上やクロージングについては以下の書籍が役に立つと思います^^


ソニー生命で大活躍している山本さんの著書です。山本さんは、紹介を武器にソニー生命でトップの営業成績を残しています。


こちらもソニー生命で大活躍している鎌田さんの著書です。鎌田さんも紹介を武器に途切れない実績を挙げていらっしゃいます。


説得なんかせずに、質問を投げかける営業スタイルでお客さまのニーズを把握し、最適な提案をする「質問型営業」です。実践してみると、お客さまのニーズをしっかりと把握することができます。

・僕が使っているツールを全て公開します。持ち帰り、アレンジ、複製、ご自由にお使いください。

・教材やツールの販売は一切ありません。また高額塾への勧誘も一切ございません。一回で完結するセミナーです。

・ネットワークビジネス等のサイドビジネスの勧誘を目的とした参加はお断りします。

・返金は致しかねます。

主催者より。

保険業界は大きな変革期を迎えていると考えています。これまで通用していた、いわゆるGNP営業<義理(Giri)、人情(Ninjo)、プレゼント(Present)>は既に破綻しています。プレゼント(ノベルティ)の購入でセールスパーソンには経済的な負担がのしかかり、それでも契約に繋がらないので、セールスパーソンは疲弊していきます。また、契約をいただいても、セールスパーソンの知識不足により、お客さんには不要な過度な保障を提供し、無駄金を払わせる。その結果、セールスパーソン、そしてお客さま、地域までも不幸にする負のスパイラルに陥っています。
その結果、セールスパーソンの離職率も非常に高いです。コロコロ担当が替わるので、お客さまも飽き飽きしています。コロコロ替わるからセールスパーソンは知識不足を露呈し、周辺知識はもちろん、自社商品ですらろくに知らないセールスパーソンが営業に出ています。それはお客さまにとっても保険会社にとっても、そして地域にとっても悲劇としか言いようがないのではないでしょうか?
これでは保険セールスパーソンはお客さまを不幸にするだけの存在になり、周り巡って地域を不幸にするのと同じだと言えます。もちろん、保険のセールスパーソンにとって契約をいただくことは重要です。契約がないと保障も提供できません。それであれば、契約の質を高めていきましょう。
今回の勉強会を通じて、セールスパーソンが保険の知識はもちろん、今回の勉強会のテーマである総合的なお金の知識や情報を提供できれば、セールスパーソンの質が向上し、お客さまにも本当に有益な情報を提供することができ、顧客満足度の向上に繋がります。

お客さんは保険に対してはおなかいっぱい。

知らないがために「ムダな保険」にいっぱい入っていらっしゃるお客さまがたくさんいらっしゃいます。保険に対してはおなかいっぱいですが、その反面、見直しニーズは高いです。また、セールスパーソンの方も、新規開拓よりも見直しニーズのお客さまを探した方が効率的です。

一般的な保険の見直しは、見直しニーズを喚起、把握→見直しに着手(保険料を下げる)→自社商品を契約してもらい、完了

ですが、

保険の見直しだけではなく、プラスαの知識として、節税効果や資産形成についてもカンタンにアドバイスできるようになれば、見直しの価値は金額以上のものになります。

ネットで何でも情報が手に入る時代です。保険を販売するだけ、これでは取り残されます。今はネットでカンタンに情報が得られます。今だけではなく、半年後、そして数年後を見据えていくと、保険しか知らないのであれば間違いなく取り残されます。だからこそ、今行動していく必要があります。

保険のことはもちろん、保険が以外の事を知っていることが大事。

保険でしかできないこともあるけど、保険ではできないことの方が多い。このことを知っているだけで、お客さまにより濃密な、そして役立つ情報を提供することができます。最終判断はお客さまです。情報を提供できる、スキルアップできるのはお客さまにとっても自分にとってもメリットがあります。
保険のセールスパーソンはこれから新入社員に対する保険募集のために奔走するかと思います。
「社会人だから保険ぐらいは入った方が良い」
そうだとしたら「なぜ保険が必要なのか?」という明確な根拠を示しましょう。保険の話も良いけど、保険だけではなく周辺知識も提供できるセールスパーソンこそ、お客さまの、そして地域のために役に立つセールスパーソンになるのではないでしょうか?

僕は保険以外の知識や情報も提供できるセールスパーソンにこそ価値があると思います。どこの保険会社とかは関係なく、本当にお客さまの役に立てるように「お金の知識や情報」を提供できる存在がお客さまの生活を良くし、地域を良くし、その結果自分も良くなると考えています。

たくさんの方と前向きに知識を深め、共有できればと思っております!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!