最も確実で最も効果がある「資産運用」は「節約」。

節約




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

「節約」こそ最も確実で最も効果的な資産運用。

「資産運用をどうしたら良いですか?」

という質問をよくいただきます。資産運用の手段はいろいろとありますが、その中で最も確実で、最も効果的なものがあります。それは‥

「節約」

です。

毎月2万円の節約は12ヶ月なら24万円、それが10年間なら240万円になります。効果は計り知れませんね!

家計の中で最も確実で最も節約効果が大きいのは?

家計の中で最も確実で、最も節約効果が大きいのは「固定費」の節約です。その中でも特に大きいのは「保険料」です。保険の見直しは最も確実で最も節約効果が大きい節約方法です。

節約というと食費を削るイメージもありますが、食費を削るのはあまり気分が良いものではありません。精神的に苦痛ですし、何よりも自分が満たされません。対して保険料を削っても精神的に苦痛にはなりませんし、効果は食費よりもはるかに大きいです。効果は大きいし、精神的な負担もありません。保険の見直しは毎月数万円の効果、しかもそれがずっと続く、しかも確実です。

実際に僕のお客さまでは毎月5万円の保険料削減に成功した方もいらっしゃいます。(年間では60万円!?)

僕たちは毎月社会保険料を納めています。まずはその効果(公的保障)を知ることで、自分で準備する保険の範囲が自ずと小さくなります。

公的保障 - 万が一の時に必要な金額 = 保険でカバーする金額

この公式にさえ当てはめてしまえば保険でカバーする金額は小さくなり、必要な保険は小さくなります。必要な保険が小さくなれば、それに掛かるコストである保険料も小さくなります。実際に毎月5万円削減し、年間では60万円の節約効果を生み出した年間サポーターのKさんの場合も、

・貯蓄も保障も付き合いがあり全て保険商品にしていた。

・公的保障を考えると思ったよりも保険が必要な範囲は小さい。

という背景がありました。それを踏まえ実際に一歩を踏み出してみると毎月5万円、年間で60万円の効果が生まれました。年間60万円の節約効果は食費の節約や光熱費の節約だけでは絶対に実現することができない数字です。実現できたとしても精神的に追い込まないと難しいでしょう。
しかし、保険の見直しの場合は精神的な負担はありませんし、効果は絶大です。しかも、その効果をずっと享受することができます。もはや「やらない理由はない」とも言えます。

Kさんが得た節約効果は、

5万円 × 12ヶ月 = 60万円

それが5年間だと300万円、10年間だと600万円‥になります。浮いたお金を資産形成に回し、成長させていくので可能性は青天井です^^

保険の見直しは解約だけではない。

保険の見直し=解約 とイメージされると思いますが、解約は一手段であり、実は解約以外にも方法があります。以後の保険料を支払わないで契約を続ける方法もあります。(払い済み保険といいます)
保険料を払わないで契約を続ければ、解約ではないのでもし、付き合いなどがある場合は契約を続けながら保険料の負担を軽減することができます。場合によっては解約、場合によっては払い済み保険とその場その方によって対応が大きく異なります。一概に言えないので一度話してみる必要があります。

「付き合いがあるからどうしても‥」

と悩んでいらっしゃる方も諦めることはありません。方法はいろいろとあるんです。ファイナンシャルサポーターでは柔軟に対応しています。付き合いなどがある場合はその範囲内でできることをやってみるだけでも大きな差が生まれます。

保険を見直して、ムダな支出を抑える。浮いたお金を「育てる」。

僕は保険を見直して浮いたお金を「育てる」方向へ振り分けていくことを基本方針にしています。主に「投資信託」と「個人型確定拠出年金(イデコ)」にお金を振り分け、長期的に継続してコツコツとお金を育てていきます。

・普段忙しい方ができるのは投資信託。

一度仕組みを創れば、あとは少しのメンテナンスでOK、常に相場を監視する必要もないし、投資資金は口座振替で投資されるので煩わしい手続きは不要。仕事や趣味、子育てなどで忙しい方にとっては最適な方法です。そもそも相場を常に監視して、タイミングを見計らって投資をするの難しいです。相場の動向はプロですら予測不能です。

常に相場を監視し、血眼になっているプロに僕たちど素人が勝てるのが「長期的なコツコツ、分散投資、積立投資」です。インデックス投資はいかがでしょうか?

イデコは節税効果が絶大しかも絶対。

イデコの掛金は全額所得控除になるので効果が大きいです。単純に計算してみます。イデコに毎月15000円掛けた場合は‥、

(所得税)10%として計算
毎月15000円の掛金(年間18万円)、18万円全額が控除の対象。
18万円×10%=18000円

(住民税)一律10%
毎月15000円の掛金(年間18万円)、18万円全額が控除の対象。
18万円×10%=18000円

合計:36000円 の節税効果
これがずっと続きます。10年間だと単純に36万円ですね。しかも確実に。

※あくまで一例です、他の控除などと合わせて計算するので実際の金額は異なります。

※所得税率はその方の所得によって変わります。

※住民税は一律10%です。

小さいお子さんをお持ちの方は「保育料の節約」にも繋がる。

詳細に計算しないと何とも言えませんが、「源泉徴収票」、「住民税決定通知書」があれば保育料が下がるか、どれだけ下がるかを計算することができます。山形市の場合は最大で毎月約15000円の差が生まれることがあります。

15000円×12ヶ月=18万円

保育料が下がれば、それだけ負担も減ります。その効果は確実ですので、やっぱり節約の力は偉大です!

シミュレーション

保険の見直しで浮いた毎月2万円を積立投資で30年間運用した場合の単純シミュレーション(リターン5%と想定)

ここまでお金が成長する可能性があります。運用成果は水物ですが、こうなればワクワクしませんか?保険にそのままお金をかけていたらこの効果を得る可能性はゼロです。一歩踏み出したから可能性が生まれてきます。

※もちろん本相談ではリスクとリターンのバランス、目標金額、家計の収支なども考慮して決めていきます。この通りに行くかどうかは何とも言えませんが、可能性は大いにあります。

誰でもこの効果を出すことができる。

この効果を生むか生まないかの差は、「一歩踏み出すか踏み出さないか」、「動くか動かないか」の差です。能力やスキルなんか関係なくて、実はそれだけなんです。
僕のサービスは有料ですが、その価格以上の価値は間違いなく提供できます。

・保険の見直しは効果は絶対。

・節税も効果は絶対。

・お金の知識や情報は間違いなく活きてくる。

・資産形成で「お金を育てる」

最初にお金は頂戴しますが、それは間違いなくあとで回収可能です。まずはどれだけ効果があるかは初回無料ヒアリングでお伝えしますので、その上でご判断いただければと思います。

・僕はお金の知識や情報をお伝えし、対価を得る。(win)

・お客さまはその知識や情報を活かすことができる、しかも一生モノ。(win)

このようなお互いにwin-winの関係を構築するのが良いですね^-^

こんな方は効果大!

これに当てはまる方はほぼ間違いなく効果が絶大です。

・「学資保険」、「個人年金保険」、「外貨建保険」などお金の振り分けが保険商品に偏っている方。

・毎月の保険料が3万円以上、またはかなり重荷だと感じていらっしゃる方。

・「○年更新」で年齢が増すごとに更新で保険料が高くなる方。

いかがですか?一つでも当てはまる方は一歩踏み出せば間違いなく大きな効果が生まれます。しかも確実に。

日本人の世帯平均保険料は約3万円です。これは保障も貯蓄も全て保険商品に偏っている方が多いということも言えます。人それぞれ考え方がありますが、

保険にしかできないこともありますが、世の中には保険ではできないことの方が圧倒的に多い-。

と考えています。一人でも多くの方がムダな支出を減らし、お金を育てる方向へお金を向けていく。そんな流れができればワクワクしますね♪お金のことはシンプルに、そして前向きに。いっしょに考えていきましょう!ファイナンシャルサポーターでは価格以上の価値を提供します。お気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です