超便利!「積立かんたんシミュレーション」を使ってみよう!

積立シミュレーション




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

今日は超便利なサイト「積立かんたんシミュレーション」を使ってみます。かなり便利なんでブックマークしておいてくださいね^^

積立シミュレーションを使うと、自分の目標金額(目的地)を決めて、そのために毎月どれくらい積み立てをやるか、そして目的地まではどれくらいのリターンが必要(交通手段)なのかを把握することができます。

積立シミュレーションの使い方

実際に使ってみましょう。

目標金額:2000万円

毎月積立金額:2万円

積立期間:30年間

この場合だと、リターンは6%です。6%のリターンを出すような方法を使っていく必要があります。思いつくのが、

・預貯金(でも、利率は0.001%‥)

・保険(保険も低利率‥)

・投資(運用成果はわからないけど、この中では一番可能性がある)

この場合は投資という手段を選びます。投資と言ってもいろいろ手段があります。株式?債券?不動産?仮想通貨?投資信託?

それを考えていきます。僕はこの場合は投資信託がベストかと思います。投資信託を使い、よりリターンが期待できる国内外の株式ファンドをうまく振り分けて6%が期待できるような組み合わせを作っていきます。リターンを追うということはその分リスクも負うということです。

次に、毎月積立金額を増額してみるとどうでしょう?

目標金額:2000万円

毎月積立金額:3万円

積立期間:30年間

今度は3.8%のリターンが必要です。先ほどよりはリターンが少ないので、リスクも少なくなります。

お金のことを考える手順。

お金のことは商品ありきで考えてしまいがちですが、積立シミュレーションを使ってみると、商品よりも先に自分の目標を明確にできますし、その目標に対して、何をしていくべきかが見えてきます。そして、それを踏まえて商品を選択する選択軸になるので自分が納得する選択をすることができます。

・目標金額を決める。(目的地)
→何のためにやりますか?

・毎月積立金額、年数を決める。(毎月いくら?何年間やる?)

・必要なリターンが出てくる。(乗りもの、金融商品)
→リターンはクルマでいうとスピードです。スピードを上げないと目的地に到着できないのであれば、スピードを上げる必要があります。逆に、全然余裕ならスピードを上げる必要はありません。必要なスピード(リターン)はその方によって違います。

また、同じ貯蓄でも、将来のためにお金を貯めるのであれば節税効果が高いiDeCo(イデコ)を活用していきましょう。

毎月の積立金額を捻出するための資金源を探す。

毎月積立金額を捻出するために、毎月の支出をチェックしてみます。そうするとだいたいの場合は、通信料や保険料が過大なケースが多い。
そこを中心に見直していきます。僕は趣味にかける費用や食費を過度に削っても日々の生活や仕事がつまらなくなるのでお勧めしません。通信料は自宅にwi-fi環境を導入したり、格安スマホなど方法があります。僕はFPとして保険の見直しをお勧めします。理由は見直し効果が非常に高い、そして多くの方が聖域化しているからです。人によっては毎月数万円、将来のことも考えれば数百万円の差を確実に生み出すことができます。

必要な方法で合理的な先取り貯蓄を実践してみましょう!

積立シミュレーションを使うと合理的な先取り貯蓄ができます。

収入 - 毎月積立金額 = 使い切って良い金額

また、世の中には情報が溢れていますからね。一番大事なのは情報だけに踊らされないで、確固たる自分を確立すること。そのために積立シミュレーションで自分の目標を明確にすることが大切です。できるだけお金を殖やせれば良いですが、闇雲に手を出してはダメです。お金の世界は見えない世界だからなおさら。

ファイナンシャルサポーターではお金のことを前向きに、シンプルに考えていくお手伝いをしております^^ いっしょにお金のことを前向きに、シンプルに考えていきましょう!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!