楽天証券の「比較機能」が超便利!

投資信託について




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

楽天証券の比較機能が超便利!

「どのファンドを選んだらいいの?」

「どうやってファンドを比較するの?」

という疑問をお持ちの方も多いと思います。というわけで今回は「楽天証券」の比較機能をご紹介します。僕は楽天証券の回し者ではありませんが、楽天証券はコストも低いし、アプリも使いやすし、操作性もいいし、画面も見やすい(特にPCやタブレット)のでオススメしています。

ネット証券業界は楽天証券とSBI証券の二大勢力が業界をリードする形になっています。片方がサービスを改定したり、手数料下げると追従する形で競争をしています。特に手数料(コスト)は低い方が絶対にいいので、基本的にはネット証券で口座開設をする形で資産形成をしていけば間違いないです。

というわけで楽天証券の比較機能を使ってみました!


まずは投信→投信スーパーサーチへ。


そうすると2500種類以上のファンドが出てきます^^; ここからは選ぶのが難しいので、絞り込みます。左にある「つみたてNISA対象ファンド」を選びます。つみたてNISA対象ファンドは金融庁が「コストが安い」「長期投資に向いている」という理由で選定したファンドのみが対象になっています。金融庁がコストが安く、長期投資に向いたファンドをあらかじめ選んでくれています。
詳しくはこちら。

右側の比較のところに☑をいれ、比較をクリックすると比較する事ができます。


今回は国内株式ファンドをピックアップしてみました!グラフも一目瞭然です。


投資信託を持っている間にかかるコストが信託報酬です。これだと一目で比較できますね!
また、各ファンドのパフォーマンスも比較する事ができます。ファンドを選ぶ時に「リターン」を見ることが多いと思います。リターンも重要ですが、是非「シャープレシオ」という数字にも着目してみて下さい!また、ここには載っていませんが「リスク」(標準偏差)も重要な数字です。リスクが大きいというのは、プラスへの振れ幅も大きいし、マイナスへの振れ幅(ブレ)も大きいと言う事になります。その方の目標や考え方によってリスクの考え方も違います。ですので、「どれだけブレるか」を数字で把握することは大切です。

シャープレシオとは、運用効率を表します。数字が高いとそれだけ効率的な運用(リスクを少なくリターンを大きく)ができていると言えます。シャープレシオの比較ですが、一つ注意事項があります。シャープレシオを比較する場合は「同じジャンル」で比較して下さい。例えば国内株式なら国内株式のファンド同士で。先進国株式と国内債券で比較しては意味がありません。

野球で言えば、「イチロー選手と田中将大選手どっちがすごい?」という比較と同じです。どちらもすごいですが、まずイチロー選手は野手、田中選手は投手ですのでポジション、ジャンルが違うので比較できません。

しかし、

「田中選手とダルビッシュ選手はどっちがすごい?」という比較はできます。どちらも投手ですからね。この場合の結論はどちらもすごいです(笑)おそらく両選手はもっとも日米通算200勝を達成に近い選手だと思います。

ですのでシャープレシオを比較するときは同じジャンルのファンド同士で比較して下さい!(○:国内株式同士、×:先進国株式と国内債券)

資産形成を意識していきましょう!

ファイナンシャルサポーターでは家計を改善し、今、そして将来へ向けてお金を成長させる資産形成を中心にサポートをしております!基本方針は、

・支出を減らして、それを今、そして将来を充実させるためにお金を回す。
→特に固定費(ローン、保険、ケータイなど)です。固定費を減らし、今を充実させるために使う。将来にも回していく。そうすることで今も将来も充実してきます。

・目標を決めて、そこにお金を振り分け、お金を育てていく。
→目標を決めないとブレてきます。目標を決めて、今できることをやっていく。ただそれだけです。

・お金を育てるために、イデコや投資信託をメインに活用していく。
→イデコは節税効果も高いので有効に活用できます。投資信託は普段仕事や家庭、趣味などで忙しい方は株価や為替を見る暇がありません。そんな方でもしっかりと資産形成ができる方法です。

ファイナンシャルサポーターでは価格以上の価値を提供します。初回は無料ですので、まずは一歩を気軽に踏み出して下さい!お気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!