プロフィール

山形をベースに全国で活動するファイナンシャルプランナー!

<名前>
大場 脩(おおば しゅう)
<生年月日>
S63年7月24日

<出身地、居住地>
山形県山形市出身、在住

<資格>
2級ファイナンシャルプランニング技能士

※FP協会に所属していませんのでAFPはありません。

<学歴、経歴>
日大山形高校→日本大学商学部→株式会社荘内銀行(H23年4月~H25年9月)→アフラック代理店→ファイナンシャルサポーター(H25年12月~)

<趣味>
スポーツ観戦、マラソン、一人旅、料理、犬

<座右の銘>
Tomorrow is another day.(明日は明日の風が吹く)

これまでのことを振り返ります。

<大学卒業後、金融業界に飛び込む>

大学卒業後、地方銀行に入行しました。特に金融業界に興味があったわけではなく、入行した理由は「土日祝日が休み」だから。地元のサッカーチーム、モンテディオ山形を応援しているので、土日祝日が休みだとサッカーを観に行くことができます(笑)

そんな経緯があって銀行に入行しました。任されていた仕事は、保険や投資信託を販売し、販売手数料を稼ぐことです。「とにかく保険と投資信託の件数と販売手数料を第一に稼ぐ」という方針でやっていました。それなりに仕事をこなしていましたが、やっているうちに疑問を持つようになります。

「果たしてこのやり方を続けて、地域のためになるのか、銀行の将来はあるのか?」

疑問を持ちながらも、仕事ですのでやるしかありません。この頃の僕は、

「お客さんからどれだけの件数と手数料を取ってくることができるか」

ということしか考えていませんでした。

<転勤(左遷?)、銀行を退職し、独立>

そんな中、支店長と面談をする機会がありました。ちょうど退職まで半年になったところでした。まだ退職するとは僕も含め誰も知るよしがありません。実績の話がメインだったのですが、僕は思っていた事を支店長に伝えます。

「今の手数料だけを追い求めるやり方では、10年後お客さんがいなくなると思います。」

支店長に2年目そこそこの行員が意見をしました。その後、転勤の辞令が出ました。転勤の真相は誰も真相はわかりません。会社の方針といえば、それまでです。

転勤先は県外の支店でした。転勤先の支店でも、「保険と投資信託の件数と手数料を追い求める」という方針は変わりありませんでした。

ですので、転勤早々、

「申し訳ないですが、銀行の方針と自分の考えのギャップが大きすぎるので今期限りで退職させて下さい」

と申し出て、退職を決断しました。

<保険代理店を開業>

退職すると同時に、アフラックの代理店をやらない?という話をいただきました。熱心に誘っていただいたので、FP資格も取得し、代理店を始めました。1年目はお客さまにも恵まれ、山形県の新規開業代理店の中でトップの実績を挙げることができました。

<事件が起こる>

しかし、ここで問題が起きます。実は2015年前後は新規開拓を行っていたのですが、その中で「異業種交流会」に誘われました。異業種交流会の中でも保険の契約をいただき、そこそこの実績を挙げることができました。異業種交流会で親しくなった人からビジネスの誘いを受けました。俗に言うMLM、ネットワークビジネスです。

僕はその誘いを断りました。その途端、異業種交流会で築いた人脈、契約が一気になくなり、僕は窮地に追い込まれました。

僕は保険契約を楯にキープをされていたことに気がつきました(笑)

<ファイナンシャルプランナーに転向>

このままでは良くないと考え、銀行員時代に扱っていた投資信託を勉強し直し、保険だけではなく、総合的にアドバイスができるファイナンシャルプランナーへ転向しました。

保険代理店をしている中でも、

「保険で解決できることもあるけど、保険では解決できないことの方が圧倒的に多い」

と感じていました。

僕が経験したことでわかったことがあります。

「金融業界は商品ありきでずっとやってきた。でも、本当に大切なのはお客さんの目標や目的。それを考えると、商品も大切だけど、それよりも総合的にアドバイスができるFPとして活動をするしかない」

この思いを体現するために、僕は完全有料相談で業務を行っております。詳しくは相談メニューをご覧ください。
また、保険代理店業務は細々と続けております。詳しくは基本方針をご覧ください。

<メディア情報>

かつて、または現在進行形でメディアに寄稿、出演しております。
===連載中===
ファイナンシャルフィールド
Mocha(モカ)
山形法人会ニュース

===取材協力===
週刊SPA!
日刊SPA!
NHKクローズアップ現代+

山形放送県内ニュース
さくらんぼテレビ県内ニュース


ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、いいね!、フォローをどうぞ!