山形・仙台をベースに活動するファイナンシャルプランナー(FP)。全国のお客さまとお会いしています!

基本方針(資産運用、確定拠出年金、教育資金編)

  • HOME »
  • »
  • 基本方針(資産運用、確定拠出年金、教育資金編)
基本方針<資産運用、確定拠出年金、教育資金編>

資産運用や確定拠出年金は目的や目標ではなく、目的地や目標まで到達するための<手段>です。

ただ闇雲に投資をする、確定拠出年金をするというわけではなく、目標、そして目的を定めていくことが大事です。

誰しもが不安な老後は「確定拠出年金」を活用します。

誰もが不安な老後資金は現在地と目標を定めて「確定拠出年金」を活用します。

原則、民間保険会社が扱う個人年金保険の話はいたしません。

その理由としては、

・確定拠出年金と個人年金保険を使う目的は同じ「老後資金」ですが、効果が圧倒的に違います!確定拠出年金の方が有利です。

・どちらも年末調整、確定申告での控除の対象となりますが、こちらも圧倒的に確定拠出年金が有利です。

・確定拠出年金は長い時間をかけた方が圧倒的に有利!若い人だからこそ、確定拠出年金制度をうまく活用して欲しいと思います。

確定拠出年金は資産運用をします。ですので、資産運用が初めての方でも、しっかりとご自身で運用ができるようにわかりやすくお伝えします!

教育資金について。「学資保険」は使いません。

教育資金については、原則として、一般的な学資保険の話はいたしません。

その理由は、

・学資保険は利率が低く、ましてや長期で同じ金額を払わないといけないので、リスクが大きいと考えています。

「どんな道でも最初に決めた同じスピードで運転できますか?」

どんな道とは乾いた道でも見通しが悪い道でも、アイスバーンでつるつるな道でも…、文字通りどんな道でもです。最初に決めたスピードで運転するのが学資保険です。スピードの調整ができません。

ファイナンシャルサポーターでは利率以上にそこにリスクがあると、そして学資保険の利率では教育資金を確保することが困難であると考えています。

まずは現在地を確認し、教育資金の目標を定めることが大切です。

教育資金のご相談の場合は、「ジュニアNISA」を活用した積立投資信託を活用します。

初めてでも大丈夫!

いっしょにゼロからお金と向き合っていきましょう!全力で後押しします!

投資も一手段に過ぎない。

お金を貯めるための方法としては3つあります。

・預貯金

・保険

・資産運用

どれもメリットやデメリットがあります。

そして目標や目的、それをいつまでやるかという期間を明確にして、最適な方法を取ります。

お金を貯めるためには預貯金や保険が王道でしたが、昨今の情勢からすると預貯金や保険では目標も目的も達成することは難しいです。

少なからず、資産運用、投資といった「お金を育てる」という方法を取り入れることが大切です。

投資が全て、資産運用が全てではありません。

大切なのはお客さまの目標や目的に向けて、達成するためにはどういう方法をとるべきかということです。

資産運用や投資はお客さまの目標や目的に向けて、実現可能性を大いに秘めた、理にかなった方法の一つだと言えます!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2028-6299(携帯直通) 受付時間:いつでも可能(当方の都合で連絡が遅くなる場合があります)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.