山形・仙台をベースに活動するファイナンシャルプランナー(FP)。全国のお客さまとお会いしています!

基本方針(保険編)

基本方針(保険編)

保険は『保障を得る』といった目的地へ向かうための一手段に過ぎません。

保険に関しては明確な方針を定め、公表しています。

ファイナンシャルサポーターではアフラックに代理店登録をして、保険を提案できる体制を整えています。保険の話であれば、アフラックの商品をベースにご案内します。

以下の理由でアフラックの代理店登録をしております。

・代理店契約を結ぶことで、保険の見直しニーズにお応えするための明確な根拠を提示することができる。

・保険会社と関わることで、保険に関する最新情報や保険会社の考えを手に入れることができる。

・保険をご契約いただくと私に保険会社から販売手数料が入り、それが収益になります。契約をいただくことは非常に嬉しいことです。収益を上げれば、税金も納めることができます。

・1社でまとめた方が実際に給付金を受け取る際の手続きが1回で済みます。アフラックには保険でできることを1社で全て満たすことができる保険商品ラインナップがあります。

・迅速な保険給付金の支払い実績がある。

・保険は入口(保険に入る時)より、出口(お金を受け取る時)が圧倒的に大切だと考えています。

 

日本には公的保障がある。

日本では国や行政から受けることができる「公的保障」が充実しています。

◇主な公的保障◇

・傷病手当金(会社員、公務員のみ。仕事ができなくなった場合に給付される)

・高額療養費制度(原則として国民全員。医療費の上限が決まっている)

・遺族年金(基礎年金、厚生年金と二種類ある。基礎年金は原則として国民全員、厚生年金は会社員、公務員のみ)

医療費も限度額が決まっていますし、仕事ができなくてもある程度はカバーしてくれますし、死亡時にも遺族年金が支給されます。

ファイナンシャルサポーターではこの「公的保障」を明らかにします。そして、

・どれだけの公的保障があるのか。

・どれだけ足りないのか。

・足りないものを埋める手段は何なのか。

を考えることができます。

公的保障 - 万が一の時に必要なお金 = 足りない部分

「足りない部分だけ埋める」ことを考えるので、自然と保険で準備する部分は小さくなり、保険にかけるお金が減ります。

食事や楽しみを減らす節約はストレスが溜まりますが、保険の節約はストレスフリーでお金が節約できて、お金の回りが良くなります。

保険は難しいといわれますが、「保険ありき」で考えるから難しくなります。

ファイナンシャルサポーターでは、<契約ありき>で保険の相談を受けません。契約をいただければ収益に繋がるので嬉しいですが、契約を迫るようなことはしませんのでご安心ください。しっかりとした総合的なお金のお話ができる体制を整えています。そのために相談料を頂戴しております。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2028-6299(携帯直通) 受付時間:いつでも可能(当方の都合で連絡が遅くなる場合があります)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.