「保険の見直しだけでは終わらない」保険の見直し。

保険の見直し




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

保険の見直しは最も効果的な家計改善法。

昨日は2件の面談でした。いずれも「保険の見直し→資産形成へ」というお金の流れを作っています。(1件は完了、もう1件は現在進行中)


保険の見直しは食費の見直しや遊興費(趣味)の見直しとは違い、「精神的負担なし」、「最短当月から効果あり」、「一生涯の効果」という走攻守三拍子揃った、しかも絶対確実な方法です。

食費や趣味の費用の見直しは精神的な負担が大きいです。もちろん、過大すぎる場合は検討の余地がありますが、やはりお金は好きなことやおいしいものに使うのは人間本来のお金の使い方だと思いますので。

保険は聖域化しやすい。

保険が付き合いなどで聖域化していらっしゃる方も少なくないです。むしろ、それが日本の保険業界が成長してきた要因でもありますが。
しかし、必要以上の保険を付き合いで掛け続けるのはムダ以外の何者でもありません。そのお金があれば別なことができます。また、保険にしかできないこともありますが、保険ではできないことの方が圧倒的に多いのが現実です。

保険にお金を掛け過ぎても幸せにはなれません。必要な保障は確保することが前提ですが、それを超えた過度な保障は不要です。保険の掛けすぎで家計を圧迫している場合は安心よりも、不安を増大させるだけです。

言い換えれば、聖域化している場合は、その聖域を崩してあげれば、お金を別なことに使えますし、可能性が広がります。

なぜ資産形成なのか?

預貯金や保険商品と言った今まで貯蓄の主流だった手法が、昨今の低金利状態でメリットが出せなくなりました。また、モノの値段が上がる(インフレ)や増税、社会保障費の増大と社会保障の縮小が僕達を取り巻いています。例えば年賀状です。52円だった年賀状が62円になりました。たった10円の値上げですが、値上がり率で見れば約20%の値上げです。

また、僕が住んでいる山形については人口減少が止まりません。そう考えていくと、保険にお金を掛け続けるよりも、将来に向けてお金を育てることにも目を向けていくことが大事なのではないでしょうか?保険は使い道が限定(死亡や病気がメイン、貯蓄ができると言っても保障がメインなので非効率的)されますが、資産形成のお金は使い道が自由です。

国も資産形成を推奨しています。そのメッセージの真意とは?

以前ご紹介したつみたて人Gさんのツイートです。

そう、手元にお金を置いておくより、敢えて世界に向けてお金を流してあげると、世界の成長率の恩恵を受ける事にも繋がります。山形にいながら、お金を世界中へ向けることができます。

資産形成、お金を育てることを考える場合は外貨建保険や変額保険と言ったものも含め「保険」というモノから離れる必要があります。保険に留まると、お金は成長しませんし、支出が増える、そして使い道が限定され、融通が利かないお金ばかりが増えていきます。僕は資産形成に大きな可能性を感じています。いっしょに可能性を広げていきましょう!可能性が広がると今まで見えなかった景色が見えてきます^^

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!