なぜ国はイデコやNISAを推奨するのか。

iDeCo(イデコ)




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

国からのメッセージ。

「人生100年時代に備える」

「節税メリット」

ということで、国はイデコやNISAを推奨してきました。

実際に日本は人口減少や少子高齢化(子どもが減って、高齢者が増える)の時代を迎えています。例えば、山形県の場合は2045年には人口が76万円になると想定されています。

「人生100年時代に備える」

「節税メリット」

と国は国民の税金を減らしてまでイデコやNISAで資産形成を促進し、制度を拡充させています。それはウラを返せば、国からのこんなメッセージが込められていると思います。

「国はイデコやNISAなどの制度を拡充させてきた。国だけではみなさんの将来を支えるのは厳しいんで、足りない部分は各々やってくださいね」

「制度は作ったから、あとは使うも使わないも自由にしてね。国に責任はないっす」

そんなメッセージが込められているとしたら、それは僕達も受け入れていく必要があります。

イデコに取り組んでいます。

年間サポーターのSさん(30代女性)もいっしょにイデコに取り組んでいます。利回り(運用収益)は水物という面もありますが、節税効果は100%確実です。

資産形成はたっぷり時間がとれる若い方が圧倒的に有利です。長期投資ですから、目先の利回りも重要ですが、一喜一憂する必要はありませんよ!

国から受け取れる金額 - 実際に必要となる金額 = 自助努力でカバーする金額

この公式は「お金のこと」を考える上でベースとなる考え方になります。これに当てはめていけば、今から何をするのが最適解なのかが見えてきます。金融商品の不安はこの公式を無視して「商品ありき」で決めてしまうからです。言い換えれば、この公式に当てはめれば、目標も見えてきて、最適な金融商品が選べます。

金融機関が勧めないからこそメリットがある。

イデコや積立投資は銀行等の金融機関では積極的勧めません。

 Yahoo!ニュース 
<つみたてNISA>面従腹背メガバンクに金融庁の怒り(毎日新聞) - Yahoo!ニュ...
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000006-mai-bus_all
企業が新入社員を迎えるシーズンです。新入社員ら若い世代の長期的な資産形成に向け、 - Yahoo!ニュース(毎日新聞)
それはシステム上の都合もありますが、実は金融機関にとっては実入りが少ない(儲けが少ない)からです。それは言い換えれば、お客さまにとっては大きなメリットがあるということ。既存の金融機関がやらないのであれば、僕は積極的に情報配信をしたいと考えております!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!