法人様、団体様向けサービス

法人様、団体様向け「資産形成」の話。

ファイナンシャルサポーターでは企業、団体様向けのセミナーや勉強会、相談会のご依頼を承っております。主に身近なお金に関わること、資産運用、資産形成に関することが中心となります。また、企業型確定拠出年金を導入されていらっしゃる会社さんには従業員様向けの企業型確定拠出年金についてのセミナーや勉強会も開催できます。

基本方針は「お金を育てること」です。

法人様、企業様を通じて「資産形成(お金を育てる)」を考えてみませんか?職場は「生活のベース」になるので、そこでお金に関する知識や情報を得られれば、企業価値も向上し、人材定着、福利厚生の充実にも繋がると思いませんか?

料金

※相談させて下さい。(1コマ2万円~)

規模や形式等に寄ります。全国どこでも出張いたします。
※遠方(山形県外)の場合は交通費、場合によっては宿泊費を頂戴します。

中小企業の課題

例えば、山形県内の企業のうち99%が中小企業、そのうちの約90%が20人以下の小規模企業者に該当します。100社あれば99社が中小企業、そのうちの90社は20人以下の小規模企業者ということです。山形の経済は中小企業の力によって牽引されていると言っても過言ではありません。
それは山形に限らず、日本全国同じです。そんな山形の、日本の経済を支える中小企業ですが、課題も抱えています。中小企業の課題はたくさんありますが、「従業員」という側面からみるとこのような課題が挙げられると思います。

・大企業に比べ、どうしても給与体系や退職金などのお金の面での差が生まれる。

・大企業に比べ、どうしても福利厚生面での差が生まれる。

大企業とは規模が異なるので、お金の面や福利厚生面での差はどうしても生まれてきます。その課題を解消していくためには、中小企業にお勤めの方(経営者、従業員)は、手元にあるお金を効率的に育てて行く必要があります。効率的にお金を育てていくにはお金のことを総合的に考えていく必要があります。

効率的にお金を育てる仕組みを創れば、実質的には給料アップと同じです。

「お金のことは自己責任だ-。」
確かにそうですが、それだけではあまりにも情報が不足しています。お金のことは学校や塾、会社でも教えてくれません。そして、それぞれ皆さん家族がいて、それぞれ皆さんの人生があります。共通しているのは、会社から給料をもらって生活をしているということです。会社が従業員さんのことを考え、会社を通して従業員の方の「金融リテラシー」(お金の知識や情報力)を向上させられる環境、いつでもお金について気軽に相談できる、疑問や不安を解消できる環境があること、それらは非常に大きな意味を持つと考えています。
会社は従業員さんにとって「生活のベース」となるところです。そこでお金の知識や情報を取り入れ、お金を育てることができるのは大きな意味を持ちます。それは貴社の企業価値向上にも繋がり、企業価値が向上すると、人材の定着、確保、従業員満足度の向上にも繋がります。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お客さまの声もご覧ください!

※商品販売はしておりません。僕がやるのは商品の販売ではなく、「知識と情報」を伝えて、従業員さんの生活の質向上に役立つことです!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!