企業型確定拠出年金の放置、本当にいいんですか!?

企業型確定拠出年金




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

本当にいいんですか?企業型確定拠出年金の放置。

昨日、僕のブログをご覧いただいている方からLINE@が来ました。僕のブログを見てから、実際に放置していた企業型確定拠出年金を自分で銘柄を選び、スイッチングと配分変更をやったそうです。その結果少しずつ利回りが上がっていて、運用収益も出ているそうです。
企業型確定拠出年金については、よくご相談、ご質問をいただきますが、本人も会社も、そして運営管理機関(確定拠出年金のパッケージを提供している証券会社や保険会社、銀行など)も放置しているという問題があります。

※企業型確定拠出年金は401Kとも言われています。

以前、「企業型確定拠出年金の問題点」ということでブログをアップしました。

実際に質問をしてみました。

・会社経由で確定拠出年金の話は全くない。

・元本保証でほったらかし。

・運用利回りが0%台の方が6割。

この根本原因は「放置」です。質問者さんも放置していましたが、会社からは何もアクションがないので、僕のブログをご覧いただき、実際に動いてみました。その結果、少しずつ運用収益と利回りが出るようになったそうです。「大半の方が運用利回り0%台」というのは、実際に企業型確定拠出年金をやっている年間サポーターのOさんからいただいた情報でもデータが出ています。

OさんはS証券で、企業型確定拠出年金をやっています。このデータを見る限り、『S証券の企業型確定拠出年金を導入している会社』に勤めているほとんどの方が0%台の利回りしか得られていないということが言えます。ほとんどの方が運用成果を得ることができていません。
おそらくS証券で企業型確定拠出年金をやっている方やOさんの同僚でも放置している方がいっぱいいらっしゃると言えます。

放置=可能性を潰している。

運用利回りが0%台になるのは、「何もしていない」からです。何かをするのが必ずいいとは限りませんが、その裁量は会社から従業員さん本人へ任されています。反面、僕の確定拠出年金はこんな感じです。

今がゴールではないので、利回りや運用収益を強調するわけではありませんが、動くことで利回りも運用収益も出る可能性があります。やっている年数が違うので結果に差はありますが、こうやって成果が出ているのは途中経過であれ、嬉しいことです。ちなみに僕は5%前後の期待リターンが出るように銘柄を組み合わせています。

動いたからこそ、結果が出てきます。何もしないのでは可能性を潰していることになります。例えば世界中に分散投資をすれば、世界の経済成長にお金を流してあげることに繋がります。世界の成長率は3.7%くらいとも言われています。会社にいながら、世界中へ投資ができます。

企業型確定拠出年金を放置したままで本当に放置で良いのでしょうか??

ファイナンシャルサポーターでは、企業型確定拠出年金のフォロー、サポートも行っております。せっかくの会社が導入した仕組みです、せっかくなら利用して、コツコツと資産形成していきましょう!僕は職場から資産形成の話ができる環境を創っていきます!ファイナンシャルサポーターでは専門用語を使わずに、わかりやすくお金の知識や情報をお伝えしております!ファイナンシャルサポーター公式LINE@等ででご質問を受けたり、情報配信を行っているのでお気軽にご登録ください!

しかし、商品ラインナップは会社で指定したもの。おそらく運営機関側に言われるがままになっているケースも‥。まずはラインナップからですかね、いっしょに考えていきましょう!

↑こちらのサイトで詳しく解説されています。

1%の差は長期では大きな差になりますよ!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!