イデコの節税効果を体験してもらいました!結果は‥

iDeCo(イデコ)




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

イデコの節税効果を体験しました。

昨日いらっしゃった20代のお客さまにiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の節税効果を体験していただきました。

大手保険代理店で外貨建保険や変額保険で資産形成を勧められたけど、イデコもどうなんですか?ということで、実際に源泉徴収票を使ってワークシートを記入していただきました。

(こんなワークシートを用意しています)

今回は毎月15000円を保険に掛けた場合とイデコに掛けた場合でシミュレートをしてみました。(所得税部分のみ)

結果は‥。

保険での節税額‥約3000円(一人あたり)

イデコでの節税額‥約11000円(一人あたり

結果は一目瞭然。イデコの節税効果が圧倒的です。しかも、今回考慮していない住民税部分、夫婦でやると考えると単年での効果は保険をやる場合と比べて2倍以上、毎年続くので将来的な差はかなり開きます。これらは年末調整、確定申告で明らかになります。

しかし、この事実は表には出てこない‥。

マネーセミナーや大手保険代理店、金融機関ではイデコの話はあまり触れられることはありません。理由は、売り手の立場からすると外貨建保険や変額保険の方が収益性が高いからです。保険代理店ではイデコを勧めても収益はゼロです(笑)また、イデコと外貨建保険や変額保険を比較するのは売り手の立場ではかなり都合が悪いです。

この前マネーセミナーに参加してきましたが、

①お金を増やしたいけど、預貯金ではお金が増えない。

②複利効果のある金融商品を使う。

③初心者の方は外貨建保険や変額保険がオススメ。

④個別相談でいっしょに考えてみましょう。

という流れでした。
Mocha(モカ)さんにセミナーについてのコラムを寄稿していますので、そちらも是非ご覧ください。

確かに外貨建保険や変額保険も一つの選択肢ですし、悪いわけではありません。しかし、その方の目的や目標を考えると必ずしもそれが合致するとは限りません。僕はむしろ若い方ほど、外貨建保険や変額保険よりも、iDeCoや投資信託等を中心に資産形成をした方が効率が良いと考えています。

また、小さいお子さんがいらっしゃる方はイデコが保育料の削減にも繋がりますよ♪
子育て世帯必見!○○で保育料が安くなる方法!

セカンドオピニオン、悪い選択肢ではない

マネーセミナー、大手保険代理店 → ファイナンシャルサポーターでセカンドオピニオン

これは一つの選択肢になるかと思います。僕は「お金を増やす、貯める」というベクトルは同じですが、マネーセミナーでの話や大手保険代理店とは全く違う考え、全く違う視点でお話しをするので、選択肢が広がります。最終的に判断するのは僕ではなくお客さんです。初回は無料ヒアリングですから、お客さん側にはノーリスクです。長期で考えれば、大きなお金が動く話です。セカンドオピニオンを受けるのはむしろ良い機会です。

FPがいると、人生という旅がより深く、より楽しく、より幅が広がります。

FPはお金の世界精通した通訳やツアーコンダクターみたいなもの。

旅行で通訳がいなくても、ツアーコンダクターがいなくても海外旅行は楽しめますが、現地の言葉がわかるとより楽しむことができるはずですし、ツアーコンダクターしか知らないディープな所に行けたり、美味しいものが食べれたりと別な楽しみ方も増えます。

人生を旅だと考えたら、お金のことは絶対に関わってくる。海外旅行に行く時の外国語のようなものです。外国語ができなくても、海外旅行に行けて、楽しむことはできます。しかし、外国語ができればより深く、別な楽しみ方もできるし、幅が広がります。

FPはそんな存在なんじゃないかと考えています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、いいね!、フォローをどうぞ!