インデックス投資とスターバックスコーヒー。

思い、考え。




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

インデックス投資は勝者のゲーム。

今読み進めている専門書があります。

インデックス投資は勝者のゲーム-株式市場から利益を得る常識的方法

現在まだ読み進めている途中なので感想などは後日別途アップしますね。この本はインデックス投資について詳しく書かれています。インデックス投資とは、経済指数、例えば日経平均やTOPIXやNYダウなどに連動し値動きを目指す投資方法のことです。低コストなのが特徴です。

本の中に、

「もっとも日本の多くのアクティブファンドが提供している顧客価値の根幹は、そのパフォーマンスにあるのではなく、特殊なテーマに特化することによるストーリーの面白さや、双曲割引の効果を利用した高頻度分配によるエンターテイメント性にある」

と書いてあり、ピンときました。

ちょっと難しいですが、要するに、日本の投資現場ではコストやパフォーマンスよりも目新しさやストーリー性が重視されているということです。銀行の売れ筋ランキングを見て見ると分かりやすいです。銀行の売れ筋ラインナップの上位には、

・AIファンド

・ロボットテクノロジーファンド

などがランキング上位に上がります。AI(人工知能)やロボットテクノロジーは目新しさがありますし、なんとなく上がりそうな気がしますし、これからの将来を席巻しそうなストーリー性も確かにありますね。

「スタバでコーヒー」=「インデックス投資」?

昨日はスターバックスでコーヒーを飲みながら読書をしていました。



↓以下、ツイート。↓

皆さんはスタバに行くと何を頼みますか?

僕は基本的にはどんな限定フラペチーノがあっても、基本的にはドリップコーヒー(季節によってアイスとホットを選びますが)しか頼みません。マイボトルを持っている時はマイボトルを使いますが、マグカップではなく、紙カップにしています。
限定フラペチーノは確かに目新しさやエンタメ性(インスタ映えも含め)がありますね。昨日は日曜日という事もあり、スタバは大混雑でした。コーヒーは基本的にレジで出してくれるのですぐに出てきますが、フラペチーノは時間がかかります。バーカウンターは長蛇の列になっていましたよ^^
トレンド(流行)を追い求めるというのは、間違いではないのですが、このトレンドを追う姿勢は投資の現場でも一般的に起こっているのだなと感じました。スタバの限定フラペチーノは、今トレンドである、「AIファンド」や「ロボテクノロジーファンド」と同じとも言えます。これらは目新しさやストーリー性があり、コストも高いです。スタバのフラペチーノはラーメン一杯が食べられるくらいの価格で、コストが高いのもありますね。

投資のスタイルは人それぞれ。

投資のスタイルは人それぞれです。世の中の情報は今流行の「AIファンド」、「ロボテクファンド」、「仮想通貨」も含め「何をしたら儲かるか」といった情報やタイトルのモノが持て囃され、流行っています。それも大切です。仮想通貨でもなんでもいいのですが、僕はまずその方がどれくらいのお金をどういう目的で、それをどれくらいの期間で貯めるのかを明らかにしていくことが最も大切だと考えています。それによって目指すリターン(利回り)も異なりますし、それにかかるリスク(プラスへの振れ幅、マイナスへの振れ幅)も変わってきます。リスクの許容度はその方によって違うので、検討しないといけませんし、コストも変わります。

その方の目標などをまず決めて、現状を把握して、その上で何をやるかを決めていくことが大切です。いきなり商品から決めるからズレが出てくるのであって、まずは目標から現状を含めて逆算して考えていくことが一番納得がいくはずです。

まずは「何をやるか」よりも「どうしたいか」が一番大切です!ファイナンシャルサポーターでは、わかりやすくお金の知識や情報をお伝えしております!お問い合わせフォームから、LINEユーザーの方はLINE@からどうぞ!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!