<インデックス投資>はいかがでしょうか?

インデックス投資




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェットという老人を知っていますか??

長者番付世界3位。

・経営する投資会社の運用成績は年利約20%。
(毎月5万円を年率20%で20年間運用すれば1億5000万円超になる計算です)

という、凄まじい実績を残されている方です。人は彼を「投資の神様」と言います。wikipediaも参考に。

バフェット氏の金言。

長者番付3位のバフェット氏は豪勢な生活をしていると思いきや、実は意外と普通の生活をしているようです。ハンバーガーとコーラが大好きで、普通の乗用車に乗っているとか。

そんなバフェット氏は一般投資家に対して次のようなメッセージを発しています。

「金よりも株式に投資をする方が良い」

「アクティブ投資よりもインデックス投資をオススメする」

これは金(きん=gold)を金(かね=money)と置き換えることもできます。現金で置いておくだけではお金は全く成長しません。しかし、これを外に出してあげる(=投資)ことで、お金が成長する可能性が出てきます。

バフェット氏は、「収益をとことん追求するヘッジファンド(ファンドマネージャーへの報酬も高い)よりも、S&P500に連動するインデックスファンドに投資するほうが高いリターンを期待できる」と主張しています。実際にこんなコラムもあります。

※S&P500‥アメリカを代表する企業で構成されている株価指数(アマゾン、アップルなども入っています)。

ヘッジファンドやアクティブファンドはファンドマネージャー(運用する人)へのコストも高くなるので、それが運用成果を圧迫して、インデックスファンドが勝つという流れです。もちろん、アクティブファンドの中でコストパフォーマンスが優れるファンドもあるので、一概にアクティブがダメ、インデックスがイイとは言えません。また、日本とアメリカでは市場規模や環境が違うので「バフェット流投資術」が必ずしも有用だとは限りません。ここは皆さんの目標や考え方によって柔軟に考えていく必要があると思います。

自分達の場合は?

自分達を取り巻く環境はどうでしょうか?

実際に金融機関でのランキングを見ると、上位に顔を出すファンドの特徴として、

・ロボテク、AIなどのテーマ型ファンド。
→流行に左右され、長期投資に向かない。

・毎月分配型。
→単利効果なので、お金は成長しない。

・高い販売手数料&高い信託報酬。
→高コストファンドは運用成果を圧迫するだけなので、投資には不向き。

といった点が挙げられます。

選ぶのはその方ですが、このような背景があることは知っておいた方が良さそうです。

僕が投信を推す理由。

僕が投資信託を推す理由は以下の7つです。

・誰でもできる。
→保険とは異なり、健康状態の申告はありませんので、文字通り誰でもできます。

・忙しい方でもできる。
→相場を読んだり、タイミングを図らないでできるので、本業があって、趣味もあって、家族との時間をとりたい方ほど向いています。

・長期でできる。
→基本的に長期投資を前提としています。長期でコツコツとやることができます。

・100円からできる。
→100円からできます。100円なら効果は小さいですけどね。しかし、ファーストステップとしては本当に誰でもできるはずです。

・相場を読んだりする、手間やスキルは不要。
→投資をプロに信じて託すので、自分で相場を読んだりする手間やスキルはいりません。しかし、放置だけではなく、これを機に関心を持っていただければ嬉しいです。

・投信をベースに今後の繋がる。
→投資信託をきっかけに、お金の勉強ができます。その結果、株式投資のスキルを身につけることも可能でしょう。

・融通が利く。
→毎月の積立金額、増額、減額、積立の中断、解約など自由にできます。

オススメ書籍。

インデックス投資家さんの著書です。是非資産形成にお役立てください!

お金は寝かせて増やしなさい(水瀬ケンイチ著)

ツイッターでもフォローややりとりをさせていただいているインデックス投資家の水瀬さんの本です。投資についてのイロハがわかりやすく書かれており、これから資産形成を進めていきたい方のバイブル書になります。「お金を寝かせて増やす」の意味とは?数字的な根拠もわかりやすく解説されており、まさに資産形成のバイブル書とも言えるでしょう!
ちなみに水瀬さんは熱狂的な大宮サポーター。今年は山形と同じリーグですので、対戦が楽しみにです!(Jリーグの話)

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術(カン・チュンド著)

約10年前の本ですが、実はこの考え方は今の積立投資やつみたてNISAなどに応用できます。10年前は僕も含めて、積立投資や資産形成についてはそこまで盛り上がっていませんでした。現在資産形成をしている方、これから資産形成をしていきたい方は手にとっていただきたい本です。

長期投資でコツコツと。

インターネットでは様々な情報を得ることができます。「月利○%」、「仮想通貨必勝法」など過度なキャッチコピーで集客を図るサイトなどもありますが、インデックス投資は地道にコツコツと継続していくだけで、華やかさはありません。(※仮想通貨を否定しているわけではありません。現に僕も一部仮想通貨の取引をしています。いろいろと勉強したいので。)
しかし、普段仕事や趣味、家族の時間をとりたい、将来のことも考えたい、今も充実させたいという方にとって投資信託を活用した資産形成は非常に相性がいいと考えています。人それぞれ目標や生き方、リスクに対する考え方が違います。僕はそれをいっしょに考える仕事をしています。ファイナンシャルサポーター公式LINE@でご質問を受けたり、情報配信を行っているのでお気軽にご登録ください!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です