「元本割れの学資保険」をどうしたらいいでしょうか?

学資保険




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

<お金を育てるため>にできること。

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

「元本割れの学資保険」をどうしたらいいですか?


定期的にいただく質問です。お子さんのために学資保険に加入してお金を貯めているつもりでも、気づいたら「元本割れ」しているという方は意外と多くいらっしゃいます。まず元本割れするかしないかをカンタンに計算してみます。

毎月の保険料 × 12ヶ月 × 払込年数 = 総払込保険料 を求めます。

総払込保険料 > 総受取金額(満期金や祝い金など)

になれば元本割れです。逆に

総払込保険料 < 総受取金額

になれば元本割れにはなりません。

(例)毎月保険料5000円、子0歳で契約、18歳まで払込、100万円の満期金を受け取る場合。

毎月保険料5000円 × 12ヶ月 × 18年間 = 総払込保険料108万円

総払込保険料108万円 > 総受取金額100万円 となり元本割れが確定です。

学資保険の加入理由。

まず学資保険の加入目的を考えてみましょう。商品性から考えると以下の2つになります。

・お子さんの教育資金を貯める。

・お子さんの「死亡保障」を用意する。

後者の場合は別に元本割れになっても問題はありません。死亡保障を確保することが目的なので、死亡保険金さえ下りれば問題はありません。問題は前者です。貯める目的の場合は、元本割れは絶対に避けたい事柄になります。

元本割れの学資保険が発覚した場合は?

元本割れが発覚した場合は以下の3つの対処方法があります。

・解約する。
→そもそも元本割れする学資保険に入っていることに意味はないと考える場合は解約します。解約すれば以後の保険料の支払いはありません。解約返戻金もあります。解約返戻金は払い込んだ保険料よりも少なくなるケースがほとんどですので、元本割れは覚悟する必要があります。

・払い済み保険にする。
→以後の保険料払込はなくなりますが、保険は継続することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

・特約部分を外す。
→特約部分(医療保険)を外すと、保険料が下がるので戻り率がアップする場合もあります。

「保険でお金は貯まらない」と考えています。

「○%増えます」

という理由で学資保険(または他保険商品)に加入する方が多いですし、保険が一つの手段であることは間違いないです。しかし、今のご時世、経済情勢から考えると「保険でお金を増やすこと」はほぼ無理ゲーに近い状態です。実際に各社の保険シミュレーションで計算してみるとよく分かります。

ファイナンシャルサポーターでは「保険商品はお金を貯める商品ではない」と考えています。保障を確保する場合は保険が有効ですが、お金を貯めたい場合は保険以外の手段を積極的に活用した方がいいと考えています。

保険のいいところは「決められた期間、決められた金額を払い込めば、決められた利率で増える」ことです。しかし、決められた期間中に1回でも保険料を払い込まなかったり、途中で家庭環境や家計が変わり保険料が払い込めない場合はその時点でアウトです。つまり、最後まで行けば元本保証ですが、そこまで行くハードルはものすごく高いということになります。
また、保険だろうがそうでなかろうが、一番大切なのは利率(利回り)もそうですが、「目標金額」です。行き先がないと旅行にも行けないように、お金を貯める場合も「目標金額」である行き先がないとどんな手段を使ったらいいかが見えてきません。まずは「目標金額」を明確にして、その上で現状を把握する。最後にそれに合わせてどんな手段を使ってお金を貯めるかを考えていくことが一番大切です。
ファイナンシャルサポーターでは「やまがた子育てパスポート」協賛し、お子さんがいらっしゃる方へのサポートを積極的に行っています。金融教育というものがないわけで、お金についての知識や情報をお伝えできるのは家庭です。僕はお金についての知識と情報を提供します、それをお子さんに伝えていただき、将来の役に立てていただければ、これ以上嬉しいことはありません。
いっしょに前向きに考えていきましょう!ファイナンシャルサポーターでは専門用語を使わずに、わかりやすくお金の知識や情報をお伝えしております!お問い合わせフォームから、LINEユーザーの方はLINE@からどうぞ!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!