絶対に知ってほしい「複利」のこと。

複利




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

新しいサービスを創るために!アンケートのお願い。

「相談したいけど、どこの誰に相談したらいいか分からない」

「聞きたいけど、何を聞いたらいいか分からない」

「関心があるけど一歩が踏み出せない」

「お金に関する本を買ってみたけど、内容があまり分からなかった」

といった悩みを抱えていらっしゃる方も少なくないと思いますし、そういった方が一番多いのではないかと思います。

僕はそういった方の背中を押すというか、サポートをすることに力を入れていきたいと思っています。その一つの手段が相談ですが、相談ではなく「まなびたい」という方もいらっしゃると思います。人によって悩みや課題も違うし、解決策も違う。そしてどこまで深くやるのかレベルも違います。ですので、まずは市場調査、ニーズ把握を行います。

「こういうサービスがあったらいいのに」

「こういうジャンルに関心がある」

というご意見をいただければと思います。今回のアンケート結果や様々な面を踏まえて新たなサービスを創っていきたいと考えております!

↓↓アンケートはこちら↓↓

こちらのリンクからも回答できます。
ファイナンシャルサポーター アンケート

絶対知ってほしい「複利」のこと。

「複利」(ふくり)という言葉を聞いたことがありますか?なかなか馴染みがない言葉かもしれませんが、お金の世界では非常に大きな意味を持つ言葉です。この「複利」のことを知っておくと、お金の世界ではかなり大きな差を生み出すことができます。

wikipedia先生でも複利について解説があります。

複利(ふくり)とは、複利法によって計算された利子のこと。 複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。 したがって、各期の利子が次第に増加していく。 投資や借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。

引用元:wikipedia

今回は複利についてカンタンに解説します。

借入も「複利」。

ラジオをよく聴く方はよく金融機関のCMをよく耳にすると思います。ほとんどがカードローンやフリーローンのCMです。

「○○万円まで気軽に借りることができる!」

「毎月の返済額は○○円!たったこれだけ!」

なんかカードローンやフリーローンが「超カンタンにお金が手に入る魔法」のような感じに聞こえます。僕もかつてカードローンやキャッシングを利用したことがあります。数万円ですけどね。その返済は結構重かったです。

借りたものはしっかりと返さないといけません。お金の世界では借りたお金には「利息」をつけて返すことが常識となっています。そしてその利息を計算する方法に『複利』が採用されています。

実際に盛んにCMをしているカードローンでお金を借りた場合のシミュレーションをしてみます。今回はE-LOANさんのサイトを使いました。

例)カードローン100万円(年率15%)で借りて、10年間(120ヶ月)かけて返済した場合


毎月の返済額は約16000円です。それを10年間続けると‥


約16000円×12ヶ月×10年間=約190万円超

借りた金額は100万円ですが、実際に返済した金額は約190万円超。90万円超の利息を払っていることになります。複利は時間と共に大きくなるので、返済期間が長ければ長いほど利息を多く払うことになります。お金を借りる時は「複利×時間」で利息が大きくなり、返済負担が重くなります。

投資も「複利」

実はお金を借りるときも複利ですが、お金を増やす、育てる時も複利です。実際に100万円を年率5%でシミュレーションしてみます。今回はファンドの海さんのシミュレートを利用しました。

例)100万円を年率5%で10年間運用した場合
(1年目)100万円×105%=105万円
(2年目)105万円×105%=110万円

(10年目)160万円超

160万円超までお金が成長しました。

複利の反対語は単利で。単利の場合も比較してみます。

例)100万円を年率5%(単利)で10年間運用した場合
1年間で5%の運用収益(5万円)が10年間出るので、5万円×10年間=50万円。
これに元本100万円を合計すると、トータルで150万円になります。

※金融機関等で盛んに販売されている「毎月分配型投資信託」は基本的に複利効果はありません。ですので、お金が成長するわけではありません。そして「毎月のお小遣い」という誘い文句で勧誘されますが、実際はお小遣いではないので注意が必要です。

複利の場合は、100万円の元本が約160万円までお金が成長する可能性があります。複利は時間と共に大きくなります。複利×時間で複利効果を最大限に高めることができます。お金を増やしたい、育てたい場合は複利効果がある投資信託や確定拠出年金制度を利用することをお勧めします。

アインシュタインも絶賛!複利効果を利用しましょう!

かの有名な物理学者のアインシュタインはこういいました。
「人類史上最大の発見は複利である」

複利は人類史上最大の発見です。複利について知ることは、住宅ローンや保険、資産運用など皆さんが身近なお金のことを考える時に大いに役に立ちます。皆さんも「複利」のことを知っておいて損はないですよ!
ファイナンシャルサポーターでは「複利効果」が出るような資産形成のサポートを行っております。初回は無料ですので、まずは一歩を気軽に踏み出して下さい!お気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です