ボーナスで資産運用を考えていらっしゃる方へ。

知ってほしいこと




お金を育てることに情熱を燃やしています!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!山形県から<お金を育てること>に情熱を燃やしています!

☑<お金を育てるため>にできること!

・「投資信託」と「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」(節税と運用成果の二重取り!)

・退職金の賢い運用

・保育料の節約方法

・学資保険に頼らない教育資金の貯蓄方法

・保険の見直し(年間60万円以上の節約効果が出た方も!)

・企業、団体様向けセミナー、勉強会

僕ができること。

お金を育てるとは?

いっしょにお金を育てていきましょう!僕は難しいと思われがちなお金の話を専門用語を使わないでお話ししますので、スッと入ってきますよ^^

↓↓お問い合わせ、フォローはお気軽に!↓↓

・LINE@(登録後、スタンプでも一文字でもいただけると嬉しいです^^)

・問い合わせフォーム

ボーナスシーズン到来!

夏のボーナスシーズンが到来です。僕も銀行員時代はちょうどこの時期にボーナスを受け取っていました。皆さんはどうですか?

ボーナスシーズンになると、金融機関は、

「ボーナスで運用してみませんか?」

「通貨分散で外貨建保険を‥」

などと営業攻勢をかけてきます。その営業攻勢に乗ってもいいですが、大原則として、

「わからないものには手を出さない」ということが大切です。いくら素晴らしいものだとしても、効果が分からなければ意味がありません。その場で即決しないで、立ち止まって考えていきましょう。

選択肢は広い方が良い。

自分PRも兼ねてお伝えしますね(笑)

ボーナス運用を考えている方は、僕を一つの選択肢として使ってください。そうすると選択肢が広がります。僕は以下の3つを基本方針として掲げています。

・支出を減らして、それを今、そして将来を充実させるためにお金を回す。
→特に固定費(ローン、保険、ケータイなど)です。固定費を減らし、今を充実させるために使う。将来にも回していく。そうすることで今も将来も充実してきます。

・目標を決めて、そこにお金を振り分け、お金を育てていく。
→目標を決めないとブレてきます。目標を決めて、今できることをやっていく。ただそれだけです。

・お金を育てるために、イデコや投資信託をメインに活用していく。
→イデコは節税効果も高いので有効に活用できます。投資信託は普段仕事や家庭、趣味などで忙しい方は株価や為替を見る暇がありません。そんな方でもしっかりと資産形成ができる方法です。

せっかく運用を始めるなら、運用だけではなく、お金のことを総合的に考えてみるのも良い機会です。いくらお金を増やしても、支出が多ければ意味がありません。穴の空いたバケツで水を汲んでも水は抜けていくだけ。僕は固定費(ローン、保険、ケータイなど)を考えていく必要があると思っています。特に保険です。あれもこれも保険にしてもキリがないです。毎月5万円以上の保険料を支払っている方が2万円以下に収まればそれだけで3万円以上の効果です。年間なら36万円、しかもそれが絶対確実にずっと続きます。必要な保障と公的保障を考えれば間違いなく保険料が下がります。

大事なこと。

僕が大切にしているのは、何をするか(商品、方法)よりも、今どうなっていて(現状)、それをどうしたいか(目標)が大切だということです。何の知識もなしに言われるがまま投資をしていくのは、走り込みもウォーミングアップもなしでフルマラソンに挑むのと同じです。絶対に失敗します。
しかし、ウォーミングアップと練習(お金の知識、情報)をしっかりしておけば、途中でペースが落ちたとしてもゴールに向かっていけます。

また、僕は常にお金のことを考える必要はないと考えています。仕事、趣味、家族との時間‥人生には自分の力と時間をかけるべきシーンがたくさんあります。お金のことは最初に仕組み作りをしておき、あとはちょこちょこメンテをするだけでいいんです。僕がお伝えするのは仕組み作りと流れ。大事なのは皆さんそれぞれの人生です。

ボーナスの資産運用も結局は人生を豊かにする一手段です。それが人生を路頭に迷わせる結果になっては本末転倒です。迷っている場合は立ち止まってください。わからないものを勧められている場合は立ち止まってください。そして選択肢を広げてください。選択肢を広げることは悪いことではなく、良いことです。見えない可能性が見えてきます。

お金のことは難しく考えがちですが、実はそんなことはないんですよね。シンプルに考えていい!お金のことはシンプルに、そして前向きに。いっしょに考えていきましょう!お気軽にお問い合わせください^-^ お問い合わせフォーム、または公式LINE@まで!

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!