72の法則を知っておくと便利です!

長期投資




ファイナンシャルサポーター 大場 脩 です!

72の法則とは?

「72の法則」を知っていますか?この法則を知っておけば、お金に関する知識もつきますし、資産防衛にも役立ちます。お金を借り入れる、お金を育てる場合にも使えます。

「72÷金利=お金が2倍になる期間」

このような算式になります。「お金を借りる場合」と「お金を運用する場合」に応用できます。

お金を借りる場合。

例えば金利10%でお金を借りた場合は、「72÷10%=7.2」となり、「約7年で借りたお金が2倍になる」と言う事になります。これはキャッシングやカードローンなどを利用する際に当てはめてあげると、よりリアルになります。

※あくまで「お金を借りてからずっと返さない場合の例」です。実際にお金を借り入れた場合は、基本的に月々返済していくので元本は減っていきますので、実際の場合とは異なります。

ただ、お金を返さないと借りた金額が2倍になる、100万円借りたら200万円になるわけですから怖いですよね^^;

お金を運用する場合

借入の時だけではなく、お金を運用する場合にも同じことが言えます。例えばリターン5%でお金を運用した場合、「72÷5=14.4」となり、約14年でお金が2倍になるということが言えます。また、この算式は「72÷お金が2倍になる期間=リターン」と変形するとできるので、こちらを使えば、「お金を2倍にするためには、何%で運用する必要があるか」がわかる。たとえば、3年でお金を2倍にしようと思った場合、「72÷3=24」となるので、3年でお金を2倍にしようと思ったら、リターン24%で運用する必要があります。リターン24%、不可能ではないと思いますが、相当リスクが高いことをしないと到達できません。。

「1日で○万円稼ぐ」とか「1ヶ月で2倍」とか「月利2%」といった案件がいかに非現実的であるかがわかります。

「72の法則」を知っておくと、自分の資産を守ることができます。

※この公式はあくまで概算であり、正確な数字ではありません。

お金を育てるためには時間がかかる。

24%のリターンが出せれば良いのですが、非現実的です。実際に世界の経済成長率は3~4%と言われています。

仮に4%のリターンが期待できるとして、72の法則に当てはめてみても、72÷4=18年となります。18年という長い期間をかけてお金を成長させていたいかないと、2倍にならないと言うことです。そう考えると、1年でも早く、1日でも早く「お金を育てる」ということを意識して、実際に行動を起こした方が絶対有利といえます。もう一つ言えるのは若い人が断然有利です。4月から就職する方は給料の内1000円でも良いんで「お金を育てる」ということに振り分けてみてください。

詳細なシミュレーションはこちら

「毎月△万円をリターン○%で積立したら‥」

「目標額に到達するためには何%のリターンが必要?」

‥そういったことを知りたい場合はこちらのサイトが便利です。

ファイナンシャルサポーター 大場 脩

お問い合わせフォーム

LINE@
→LINEユーザーの方はこちらからお問い合わせ、ご質問をいただくとスムーズです。

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

お気軽にお問い合わせ、フォロー、リクエストをどうぞ!